ホーム » 薬剤師転職お役立ち情報 » これからニーズが増える注目株!在宅治療薬剤師という選択肢

これからニーズが増える注目株!在宅治療薬剤師という選択肢

Pocket

在宅薬剤師

在宅治療薬剤師の仕事内容

これからニーズが増えていくと考えられているのが、在宅治療薬剤師です。高齢化社会となって自宅で老後を過ごす人も増えてきています。身体が不自由になったり寝たきりになったりで、外出がままならない患者さんの元へ出向き、投薬および服薬指導を行います。

在宅指導薬剤師の仕事内容は、店頭での投薬と変わりありません。なおかつ数種類の薬を服用していることが多いので、飲み間違いを防ぐための一方化を行うことは必要でしょう。

在宅治療薬剤師は患者さんの生活スペースに足を踏み入れることになるので、投薬時に気を付ける事柄も増えてきます。その最たるものは飲み残しの整理・管理です。患者さんは高齢の場合が多く、飲み忘れも多発してしまいます。飲み忘れがあるということを医師に伝えて治療の参考としてもらうことに加え、飲み忘れをしないような工夫をしておきます。

また、情報提供や副作用のチェックも欠かせません。本人だけではなく普段一緒に生活している人へ投薬中の医薬品の情報を伝え、万が一副作用が起こった場合には連絡してもらうように伝えておく必要があります。

在宅治療薬剤師になるには

まずは在宅訪問を行っている薬局を探すことです。在宅訪問を行う薬局はまだまだ数が多くありません。行っている薬局が見つかったとしても、在宅にどのくらい重きを置いているかはそれぞれ異なります。

在宅治療薬剤師を専門に配置しているところもあれば、調剤薬局の暇な時間帯に訪問を行っているというところもあります。在宅訪問にどのくらいのウェイトを置いているか、入社前にきちんと確認しておく必要があります。

次に高齢者と話すスキルを身に着けておくことです。在宅治療を行う患者さんの多くは高齢者です。家に閉じこもりがちな高齢者は話し相手も少ないので、訪問してくれる薬剤師には医薬品関係のことだけではなく日常のことや家族のことなど様々なことを話かけてくれます。

同じ話をされてもうんうんと聞く、こちらの話は大きなゆっくりとした声で聞き取りやすくなど、相手に合わせた話し方を身に着けておくと良いでしょう。また、高齢者が話す方言が分からないという若い薬剤師がいますが、これをきっかけに土地の言葉を学んでおくのも良いかもしれません。