ホーム » 薬剤師転職お役立ち情報 » 薬剤師に聞きました!転職をした理由ベスト5

薬剤師に聞きました!転職をした理由ベスト5

Pocket

薬剤師

薬剤師は転職する人が多い職業

薬剤師は転職する人が多い職業として知られています。
新卒で入社し、定年まで勤め上げるという人はほんの一握りと言っても過言ではないでしょう。
すなわち、多くの薬剤師がそれぞれの理由で転職をしているのです。

就職試験で転職したい理由を尋ねても、やりがいやキャリアアップを上げる人がほとんどです。
しかし、本当は違った理由で転職を決めた人が多いのです。ここでは、薬剤師の転職理由ベスト5を見てみましょう。

薬剤師の転職理由ベスト5

第1位は収入アップを目指すためです。
病院や調剤薬局で勤務する薬剤師は、なかなか昇給がないという不満を持つ人が多いです。ある程度経験を積むと、それを武器にして転職をする人が後を絶ちません。受け入れる側は即戦力を手に入れられますし、薬剤師は給与が上がりますので、お互いに利益があります。

第2位はキャリアプランを達成するためです。
色々な診療科の経験を積みたい、能動的な医薬品販売がしたい、独立したいなど、その人その人の夢があります。目標とする薬剤師像に近づくために転職を行う人が多いです。

第3位は引越しに伴い前職を離職し、再就職先を探すためです。
これは特に女性に多いパターンです。結婚や配偶者の転勤などで新天地に引越してきて転職先を探します。全く知らない土地での転職活動になりますが、前職と同じ内容の業種であれば慣れるのも早いでしょう。

第4位は人間関係のトラブルからです。
病院・調剤薬局・ドラッグストアはどこであっても、勤め先の人数は数人〜数十人というところが多いです。そこでトラブルが起こってしまうと、途端に逃げ場がなくなってしまいます。異動や配置転換でその現場と離れられれば良いですが、それすら不可能な現場も多々あります。

第5位は就業時間の不満からです。
長時間にわたる残業や休日出勤、有給を取れないなど、就業時間が長すぎると言う人が後を絶ちません。就業時間が長いということはプライベートの時間を削ることになってしまいます。また、ドラッグストアでは特に土日出勤をしなければならない場合も多く、それが不満に思う人もいます。

転職を考えている方はこちらをチェック