ホーム » 薬剤師転職お役立ち情報 » どんなことをしているの?薬剤師の転職説明会

どんなことをしているの?薬剤師の転職説明会

Pocket

薬剤師転職

薬剤師向けの転職説明会

薬剤師向けの転職説明会は一般的な企業の転職説明会とは多くの点で異なるところがあります。
今回はその違いに焦点を当てながら、薬剤師向けの転職説明会の内容について説明します。

大きな違いは3つ

1つ目の違いは主催者です。

一般的な企業の場合には、新聞社や地方自治体、転職サイトなど様々な団体が行っています。

一方、薬剤師向けの転職説明会はそのほとんどが薬剤師専用の転職サイトとなっています。これは新聞社や地方自治体が参入するには業界が狭すぎるので、あまりメリットがないからです。

しかし、薬剤師向けの転職サイトは薬剤師に関連の深い医療機関や企業などとつながりがあります。転職説明会を行ったほうが、サイトへの登録者も増えますし斡旋できる数も増えるということでメリットになります。

2つめの違いは内容です。

一般的な企業の場合には、多くの企業がブースを作り転職者が来るのを待つといった形を取ることが多いです。そして、ブースに来てくれた人に対して企業の説明を行います。

一方、薬剤師向けの転職説明会では、企業の人事担当者が来るということはほとんどありません。どちらかというと集団で受ける講義といった感じです。

転職サイトの担当者から業界の特徴や転職のメリット、その進め方など転職の基本を学ぶことが多いです。また、病院・調剤薬局・治験といった就職先に合わせた説明会を行っているところもあります。

3つめの違いは人数です。

一般的な企業の場合には、1階の企業説明会で数十人〜数百人という人数が来場します。会場も多くの人が入ることが出来るよう、広いホール等で行うのが一般的です。

一方、薬剤師向けの転職説明会は、多くても数十人です。中には個別の転職説明会という名目で、1人というところもあります。会場はレンタル会議室などこじんまりとした部屋で行われることが多いです。

薬剤師の転職説明会は、はじめは緊張しますが行ってみると転職の最新事情や業界の裏話などが聞け、とてもためになったという声が多いです。転職を考えている人は、一度行ってみてはいかが。

非公開求人も紹介してもらいたい方へ

有利に転職活動を進めたい方におすすめなのが、転職サイトの活用です。登録すると、キャリアコンサルタントがあなたの転職活動を全面的にサポート。人気の非公開求人など、あなたに合った求人を紹介してもらえますよ。

以下の薬剤師転職サイトなら、大手だけあって多くの求人を持っており、利用者の満足度も高いです。まだ登録していない方は、無料で利用できるので登録しておくといいでしょう。

大手から地方の調剤薬局までカバー「薬キャリ」

エムスリーグループが運営している日本最大級の薬剤師専門転職サイトです。求人数は業界でもトップクラスの3万5千件以上。大手はもちろん、地方に根ざす調剤薬局もカバーしています。

登録すれば、早い場合には即日で、最大10件のも求人情報を紹介してくれます。また、好条件の求人情報「非公開求人」の紹介もありますよ。

>> 薬キャリ の詳細・登録はこちら

薬キャリ

求人数業界トップクラス「リクナビ薬剤師」

リクルートグループが運営している薬剤師専門の転職サイトです。求人件数は業界トップクラスの3万5千件、そのうち75%が非公開求人になっています。

登録すれば、専任のコンサルタントがあなたに希望に合った求人を紹介してくれます。

>> リクナビ薬剤師 の詳細・登録はこちら

リクナビ薬剤師

利用者満足度94%「マイナビ薬剤師」

マイナビが運営している薬剤師専門の転職サイトです。公開求人件数のみで3万件近くあり、それ以外にも非公開求人が多数用意されているので、自分に合った職場を探すことができます。

利用者満足度は94%と非常に高く、求人数の多さに加え、求人の質も大きな魅力です。親身に相談に乗ってくれるのも高評価。

>> マイナビ薬剤師 の詳細・登録はこちら

マイナビ薬剤師