ホーム » 薬剤師転職お役立ち情報 » 将来どんな薬剤師になりたい?早めの転職を勧める3つの理由

将来どんな薬剤師になりたい?早めの転職を勧める3つの理由

Pocket

薬剤師

将来なりたかった薬剤師、今のままでなれそうですか?

薬剤師になりたいと決めた時、実際に就職した時などには、理想の薬剤師像があったはずです。患者さんの役に立てる薬剤師、医師や看護師と対等の立場に立てる薬剤師、責任ある立場の薬剤師などといった具合です。

しかし、今働いている職場で、理想の薬剤師像に近づくことは出来るでしょうか。調剤をたんたんとこなしているということはありませんか?毎日の仕事に忙殺されて勉強する時間が取れないということはありませんか?責任ある立場になったはいいけれど薬剤師以外の仕事ばかりしているということはありませんか?

現在の仕事と将来の薬剤師像がかけ離れている場合には、転職という選択肢が大きなウェイトを占めてきます。1つの職場だけではなく複数の仕事内容を知ることで薬剤師としての視野を広げたい、ステップアップしてキャリアを伸ばしていきたいなど、転職以外には実現できない事柄もあるからです。

ちなみに、薬剤師業界では転職をする人が多く、他の業種に比べると転職へのハードルは低めです。3〜4箇所の職場を渡り歩いているといった人も多くいらっしゃいます。

薬剤師に早めの転職を勧める理由

今の職場に不満があり、遅かれ早かれ転職を考えているという人がいるとします。そんな人には、早めに転職活動を始めたほうが良いとお勧めしています。これには3つの理由があります。

1つめはキャリアプランややりがいをきちんと実現させるためです。

入社時のリサーチ不足で、自分の夢見ていた薬剤師とは違うという人が増えています。このような場合には、長く勤めていても夢の実現が遠のくばかりです。考えていた将来像と違うということが分かった場合には、自分の夢を実現させてくれる職場に転職する必要があります。早ければ早いほど、夢へ近づく時間が早くなるでしょう。

2つめは薬剤師業界が劇的に変化していることです。

薬学6年制、薬剤師過剰、法律改正による規制緩和など、薬剤師を取り巻く環境はずいぶん変わってきています。勤めているところに不満があるのであれば、早めに動かなければ条件の良い求人がどんどんなくなってしまいます。

3つめは年齢的な問題です。

薬剤師業界に限らず、転職をする時には若い年齢の方が優遇されます。若いほうが新しい仕事内容の吸収も早く、新しい職場へのなじみも早いからです。

転職には相当なエネルギーがかかりますが、将来なりたい薬剤師像に近づくためには必要なステップです。転職サイトなどの助けを借りながら、スムーズな転職を心がけましょう。

転職を検討しているという方へ

転職を検討しているという方は、まずは転職サイトに登録しておき、いい求人が出てきたら紹介してもらうようにしておくといいでしょう。

以下の大手転職サイトなら、非公開求人をはじめ、多くの求人を扱っているので、あなたの希望に合った求人をいろいろ紹介してくれますよ。

大手から地方の調剤薬局までカバー「薬キャリ」

エムスリーグループが運営している日本最大級の薬剤師専門転職サイトです。求人数は業界でもトップクラスの3万5千件以上。大手はもちろん、地方に根ざす調剤薬局もカバーしています。

登録すれば、早い場合には即日で、最大10件のも求人情報を紹介してくれます。また、好条件の求人情報「非公開求人」の紹介もありますよ。

>> 薬キャリ の詳細・登録はこちら

薬キャリ

求人数業界トップクラス「リクナビ薬剤師」

リクルートグループが運営している薬剤師専門の転職サイトです。求人件数は業界トップクラスの3万5千件、そのうち75%が非公開求人になっています。

登録すれば、専任のコンサルタントがあなたに希望に合った求人を紹介してくれます。

>> リクナビ薬剤師 の詳細・登録はこちら

リクナビ薬剤師

利用者満足度94%「マイナビ薬剤師」

マイナビが運営している薬剤師専門の転職サイトです。公開求人件数のみで3万件近くあり、それ以外にも非公開求人が多数用意されているので、自分に合った職場を探すことができます。

利用者満足度は94%と非常に高く、求人数の多さに加え、求人の質も大きな魅力です。親身に相談に乗ってくれるのも高評価。

>> マイナビ薬剤師 の詳細・登録はこちら

マイナビ薬剤師