ホーム » 薬剤師転職お役立ち情報 » 知っていると安心!薬剤師の転職で失敗しやすいポイント3つ

知っていると安心!薬剤師の転職で失敗しやすいポイント3つ

Pocket

大丈夫

転職に失敗したらどうなるか

転職活動の失敗とはどのようなことをいうのでしょうか。それは、転職先を短期間で辞めてしまうということです。転職後1年以内に辞めざるを得なくなってしまった場合、それは失敗であったと言わざるを得ないでしょう。

転職するからには失敗は許されません。万が一失敗してしまうと、再び転職活動をしなければならないだけではなく、短期間で辞めたということで信用にかかわるからです。長期にわたって勤務できな勝ったという実績が、次の転職活動ではマイナス点となってしまいます。

失敗しやすいポイント3つ

転職するうえで失敗しやすいポイントは3つあります。

1つめは現場の見学をしなかったということです。

規模が大きな調剤薬局やドラッグストアに転職を希望する場合には、面接会場が本社や支社といった働く場所とは異なることがあります。本社や支社の雰囲気を見て自分に合いそうと思った場合でも、実際に働く現場の雰囲気は異なることがあります。

例えば本社はアットホームな雰囲気だったのに、現場は忙しすぎて殺伐とした雰囲気だった・・・などです。面接の時に見学を申し込んだり、あらかじめ患者や客の立場として利用してみたりして、雰囲気を知っておくことが大切です。

2つめは情報収集を怠ったということです。

転職をする上で、勤務条件や仕事内容といった情報収集は大切です。しかし、「薬剤師はこんな仕事だろう」という思い込みで仕事に臨めば、こんなはずじゃなかった・・・ということが出てきます。企業のサイトや転職サイト、口コミなどで情報収集は確実に行いましょう。

3つめは人間関係のトラブルです。

調剤薬局やドラッグストアは、従業員が10人以下というところも多いです。それだけ人間関係が密なことが多く、関係の良さが重視されます。

万が一人間関係でトラブルを起こしてしまっては逃げ場がなくなり、結局退職に追い込まれることになってしまいます。職場の人々とは仲良く協力しながら仕事を進めていくことが大切です。

転職を考えている方は、薬剤師転職サイトのキャリアコンサルタントに相談してみてはいかがでしょうか。無料で利用でき、職場の事情に詳しいコンサルタントが、親身になってアドバイスをしてくれますよ。

 

おすすめの薬剤師転職サイト
下記の薬剤師転職サイトなら、大手だけあって多くの求人を持っており、利用者の満足度も高いです。まだ登録していない方は、無料で利用できるので登録しておくといいでしょう。

1. 大手から地方の調剤薬局までカバー「薬キャリ」

エムスリーグループが運営している日本最大級の薬剤師専門転職サイトです。求人数は業界でもトップクラスの3万5千件以上。大手はもちろん、地方に根ざす調剤薬局もカバーしています。
登録すれば、早い場合には即日で、最大10件のも求人情報を紹介してくれます。また、好条件の求人情報「非公開求人」の紹介もありますよ。

>> 薬キャリ の詳細・登録はこちら

薬キャリ

 
2. 求人数業界トップクラス「リクナビ薬剤師」

リクルートグループが運営している薬剤師専門の転職サイトです。求人件数は業界トップクラスの3万5千件、そのうち75%が好条件の非公開求人となっています。
登録すれば、専任のコンサルタントがあなたにあった非公開求人を紹介してくれますよ。

>> リクナビ薬剤師 の詳細・登録はこちら

リクナビ薬剤師

 
3. 利用者満足度94%「マイナビ薬剤師」

マイナビが運営している薬剤師専門の転職サイトです。公開求人件数のみで3万件近くあり、それ以外にも非公開求人が多数用意されているので、自分に合った職場を探すことができます。
利用者満足度は94%と非常に高く、求人数の多さに加え、求人の質や転職に役立つコンテンツも大きな魅力です。

>> マイナビ薬剤師 の詳細・登録はこちら

マイナビ薬剤師