ホーム » 薬剤師転職お役立ち情報 » 認定・専門薬剤師の資格で、ワンランク上の転職活動

認定・専門薬剤師の資格で、ワンランク上の転職活動

Pocket

薬剤師

転職に有利な認定・専門薬剤師

転職活動をするのに、認定薬剤師・専門薬剤師の資格を有していると有利です。
これらの資格は実力がある薬剤師であるということを客観的に示していることになるからです。

しかし、認定・専門薬剤師を取得することは簡単ではありません。
長期間にわたり経験を積んだり研修を受けたりする必要があります。
また、更新が必要なものがほとんどですので、長年にわたって勉強を続けなければなりません。

その分、資格を持っていると自分のスキルアップにつながりますし、転職活動時には絶好のアピールになります。また、認定・専門薬剤師の資格を取得している薬剤師に対して、手当を支給している企業もあります。

転職を検討し始めたその時から、資格取得を目指すのが良いのかもしれません。

認定薬剤師と専門薬剤師の違い

認定薬剤師と専門薬剤師の違いを知っておくことは、転職を考えるうえで重要になります。
認定薬剤師と専門薬剤師は、病院と調剤薬局で意義が異なります。

病院では日本病院薬剤師会が認定する認定薬剤師・専門薬剤師が有名です。
この場合は、認定薬剤師を経て専門薬剤師になることが出来ます。
現在がん・感染制御・精神科・妊婦授乳婦・HIV感染症の5種類の専門領域があります。

それぞれの領域で規定年数以上の経験を積み、研修や講習を受講し、試験に合格することで薬物治療の能力があると認められ認定薬剤師となります。認定薬剤師の資格を取得後、その領域の学会発表を行うなど研究業績が認められて専門薬剤師の資格を取得することが出来ます。

一方、調剤薬局では薬剤師認定制度認証機構が認証する団体が行う認定薬剤師制度が有名です。
日本薬剤師研修センターが認定している研修認定薬剤師がその最たるものだと言えます。
調剤薬局では認定薬剤師は生涯学習の一環という扱いで、時代に即した新しい薬学的ケアが出来る印です。

認定薬剤師を取得するためには、決められた研修を受ける必要があります。
なお、調剤薬局に関しては、専門薬剤師という概念がありません。ただし、在宅医療などでの専門性を求める声もあり、専門薬剤師が誕生することが期待されています。

転職を考えている方はこちらもチェック