ホーム » 薬剤師転職お役立ち情報 » 国際化の波は薬剤師の世界にも!英語でぐーんと広がる転職先

国際化の波は薬剤師の世界にも!英語でぐーんと広がる転職先

Pocket

englishtext

英語が使える薬剤師は重宝される

薬剤師の世界でも、国際化の波は押し寄せています。病院や調剤薬局に来る患者さんの中には、英語しか話せないという人もいます。また、情報化社会ということもあって、医薬品や医療の新しい情報を得るためには英語はなくてはならないものになっています。

薬剤師は学生時代に薬学や化学といった理系の勉強を主にしているため、英語が得意な人はそう多くありません。よって、英語が使える薬剤師は少なく、それゆえに重宝されます。

転職を考えるうえで、英語が使えるということは大きな武器になります。TOEICなどの英語検定試験で高得点を取れているなら、履歴書に書いておくべきでしょう。

薬剤師の英語力は2種類が必要

一言に英語力と言っても、就職先によって必要な能力が異なります。
薬剤師の場合、英語力は大きく2つに分けることが出来ます。

1つめに会話力が必要な場合です。

病院薬剤師や調剤薬局の薬剤師は、英語が出来る人がそう多くはありません。よって、英語が使えるというと重宝されるでしょう。日本語が話せない患者さんに対して英語で服薬指導をするということが、英語が出来る薬剤師の仕事になります。

ここで必要なのが、英語の会話力です。患者さんに症状を聞きだし、薬の説明をします。なるべく専門用語を使うのは避け、理解してもらうことを重点に話す必要があるのが特徴です。

2つめに読解力がが必要な場合です。

DIや企業の薬剤師は、英語が出来る人がほとんどです。目安がTOEIC800点とも言われていますので、高いレベルの英語力が求められているのがお分かりかと思います。

なかでも必要なのが、英語の読解力です。資料となる論文は、世界中から取り寄せる必要があり、そのほとんどが英語で書かれています。医学や化学、薬学といった専門用語がふんだんに使われている論文を読む必要があるので、高い読解力が必要になります。

また、このような企業に勤めている人は、海外の人の会う機会も多いです。会話力も必要であることは言うまでもありません。