ホーム » 薬剤師転職お役立ち情報 » 転職希望者は知っておくべき、薬剤師の理想と製薬会社の現実

転職希望者は知っておくべき、薬剤師の理想と製薬会社の現実

Pocket

薬剤師

製薬会社の仕事内容

製薬会社に勤めるということは、薬剤師なら一度は夢見たことがあるのではないでしょうか。今は根治が難しいと言われる病気を治すための新しい薬を作りたいという動機で、薬学部を目指して薬剤師になったという人も多くいるようです。

製薬会社は様々な部署に分かれています。薬剤師の関わりが深い製薬会社の仕事内容としては、研究・開発とMRがあります。研究・開発は新しい薬になる化合物の発見やスクリーニング、製剤研究を行います。MRはその企業で販売している医薬品を医療機関などに販売推進・情報提供しています。どちらも薬学に関する知識が必要不可欠です。

しかし、製薬会社に転職するということは容易ではありません。やりがいや安定性、給与面や福利厚生面といった点で人気が高い職場であり、新卒でさえなかなか入社できない職種です。そのため、転職で入社したいというのはもっと難しいのがお分かりかと思います。

製薬会社への転職をするコツ

とはいえ、製薬会社への転職を希望することは不可能なのかといえばそうではありません。次にあげるいくつかのコツをつかめば転職は可能です。

まずはなるべく若いうちに製薬会社への転職を済ませてしまうということです。転職可能な年代は20代までと言っていいほどです。製薬会社の仕事は残業が多いので体力勝負なところがありますし、豊富な知識を身に着けるには若い柔軟な脳が必要です。よって、製薬会社への転職に興味がある人は、すぐに行動を起こすべきです。

次に大手企業ではなく中小企業への転職を目指すことです。大手企業は新卒で十分な数の人材を確保していますから、中途採用をする必要がありません。しかし、中小企業であれば人材が少なく、中途採用をしている場合もあります。ただし、会社の規模が小さいために扱う医薬品数も少ないかもしれませんが、MRであっても転勤せずに済むといったメリットもあります。

製薬会社の転職情報を得るのはなかなか難しいです。インターネットの薬剤師向け転職サイトに載っていることがありますので、そちらを探してみてはいかがでしょうか。

 

おすすめの薬剤師転職サイト
下記の薬剤師転職サイトなら、大手だけあって多くの求人を持っており、利用者の満足度も高いです。まだ登録していない方は、無料で利用できるので登録しておくといいでしょう。

1. 大手から地方の調剤薬局までカバー「薬キャリ」

エムスリーグループが運営している日本最大級の薬剤師専門転職サイトです。求人数は業界でもトップクラスの3万5千件以上。大手はもちろん、地方に根ざす調剤薬局もカバーしています。
登録すれば、早い場合には即日で、最大10件のも求人情報を紹介してくれます。また、好条件の求人情報「非公開求人」の紹介もありますよ。

>> 薬キャリ の詳細・登録はこちら

薬キャリ

 
2. 求人数業界トップクラス「リクナビ薬剤師」

リクルートグループが運営している薬剤師専門の転職サイトです。求人件数は業界トップクラスの3万5千件、そのうち75%が好条件の非公開求人となっています。
登録すれば、専任のコンサルタントがあなたにあった非公開求人を紹介してくれますよ。

>> リクナビ薬剤師 の詳細・登録はこちら

リクナビ薬剤師

 
3. 利用者満足度94%「マイナビ薬剤師」

マイナビが運営している薬剤師専門の転職サイトです。公開求人件数のみで3万件近くあり、それ以外にも非公開求人が多数用意されているので、自分に合った職場を探すことができます。
利用者満足度は94%と非常に高く、求人数の多さに加え、求人の質や転職に役立つコンテンツも大きな魅力です。

>> マイナビ薬剤師 の詳細・登録はこちら

マイナビ薬剤師