ホーム » 薬剤師転職お役立ち情報 » こんなにも転職可能!薬剤師が臨床開発にかかわる仕事内容一覧

こんなにも転職可能!薬剤師が臨床開発にかかわる仕事内容一覧

Pocket

薬剤師

臨床開発の仕事とはどんな仕事?

医薬品の開発・販売には、一定の道すじが決まっています。まずは医薬品のもととなる化合物を探索・生成する研究部門で探し出します。

そこである程度医薬品となりそうな化合物の目星がついたら、臨床開発部門で有効性や安全性のデータを収集します。その後厚生労働省の認可を取得して初めて新しい医薬品として世の中に出回ることになります。

なかでも、臨床開発は薬剤師の転職先として注目されてきています。臨床開発部門には人間に実際に投与して用法や用量を確認したり、患者さんに実際に投与してみて対象薬やプラセボと比べて効果があるかどうかを見極めるといった仕事内容があります。

患者さんへの投与は特に治験と呼ばれますが、それに関わる薬剤師からの転職者が多くみられます。

臨床開発での仕事一覧

それでは臨床開発で薬剤師が活躍できる仕事をみてみましょう。

まず考えられるのが臨床開発モニターです。CRAとも呼ばれ、臨床開発計画に基づいて計画された治験が上手くいくようにコーディネートする役割です。

医師や医療機関の選択・治験実施計画書の作成・治験状況の確認・データ収集などと多くの仕事内容があります。製薬企業と医療機関の橋渡しのような役割を担っています。

次に考えられるのは治験コーディネーターです。CRCとも呼ばれ、治験がスムーズに進められるよう、医師や患者さんと直接対面してフォローする役割です。患者さんのスクリーニングやインフォームドコンセントの作成、実際に治験を受けることになった人へのバックアップ、報告書の作成などがあります。

>> 薬剤師転職の新たな選択肢!治験コーディネーター(CRC)

最後に考えられるのが製薬会社の臨床開発部門での勤務です。仕事内容は臨床開発モニターと同様になりますが、全国各地に治験の依頼に行ったり海外文献を読む語学力が必要だったりと仕事内容はよりハードになります。

また、製薬会社の臨床開発部門は中途採用者はほとんど採用をしていないので、転職先としてはあまりみこめないと考えた方がよいでしょう。

臨床開発に関する求人を紹介してもらう

下記の薬剤師転職サイトなら、大手だけあって多くの求人を持っており、あなたにあった求人を紹介してくれます。なかには人気の非公開求人もあり。まだ登録していない方は、無料で利用できるので登録しておくといいでしょう。

1. 大手から地方の調剤薬局までカバー「薬キャリ」

エムスリーグループが運営している日本最大級の薬剤師専門転職サイトです。求人数は業界でもトップクラスの3万5千件以上。大手はもちろん、地方に根ざす調剤薬局もカバーしています。
登録すれば、早い場合には即日で、最大10件のも求人情報を紹介してくれます。また、好条件の求人情報「非公開求人」の紹介もありますよ。

>> 薬キャリ の詳細・登録はこちら

薬キャリ
2. 求人数業界トップクラス「リクナビ薬剤師」

リクルートグループが運営している薬剤師専門の転職サイトです。求人件数は業界トップクラスの3万5千件、そのうち75%が好条件の非公開求人となっています。
登録すれば、専任のコンサルタントがあなたにあった非公開求人を紹介してくれますよ。

>> リクナビ薬剤師 の詳細・登録はこちら

リクナビ薬剤師
3. 利用者満足度94%「マイナビ薬剤師」

マイナビが運営している薬剤師専門の転職サイトです。公開求人件数のみで3万件近くあり、それ以外にも非公開求人が多数用意されているので、自分に合った職場を探すことができます。
利用者満足度は94%と非常に高く、求人数の多さに加え、求人の質や転職に役立つコンテンツも大きな魅力です。

>> マイナビ薬剤師 の詳細・登録はこちら

マイナビ薬剤師