ホーム » 薬剤師転職お役立ち情報 » セルフメディケーションのプロへ!OTCを知る薬剤師への挑戦

セルフメディケーションのプロへ!OTCを知る薬剤師への挑戦

Pocket

OTC

セルフメディケーションとは何か

セルフメディケーションという言葉をご存知でしょうか。これは自分自身の健康に責任を持ち、軽度な身体の不調は自分で手当てすることを指します。具体的には、軽度な不調の場合には一般用医薬品を上手に利用して自分自身で手当てをすることと言えるでしょう。

セルフメディケーションを行うことで、日常の健康管理の習慣や医療・薬に関する知識がが身に付きます。また、体調の不調に軽度の段階で気づき自分自身で手当てをすることが出来るので、医療機関にかかる手間や時間を省くことが出来ます。医療費がどんどん上がっていき国家財政を圧迫すると予想されているので、医療費を抑えるセルフメディケーションはこれからもっと必要になっていくでしょう。

セルフメディケーションと薬剤師の関係

しかし、セルフメディケーションを行うには、正しい知識が必要です。そこで役に立つのがOTCを扱う薬剤師です。体調や医療といったセルフメディケーションに関する正しい知識はもちろん、ちょっとした不調時に使えるOTCのアドバイスをすることも出来ます。

OTCを扱う薬剤師の醍醐味は、薬剤師自身がお客さんの症状を判断して適切な医薬品を選択することです。それにはOTCでは対処しきれないので医療機関に受診を勧めるという判断も含まれます。病院薬剤師や調剤薬局薬剤師は処方された医薬品を調剤するという受動的な役割なのに対し、OTCを扱う薬剤師は能動的と言えるでしょう。

OTCを扱う薬剤師に転職するために

OTCを扱う薬剤師になるには、OTCを販売している調剤薬局やドラッグストアに転職するのが一般的です。ドラッグストアは人件費を減らすために第一類医薬品の販売をせず、薬剤師の採用を減らす傾向になっています。とはいえ、以前に比べると就職先が減ってきてはいるもののまだまだ多くの募集があります。

OTCを扱う薬剤師に必要なのは、対話能力です。お客さんが困っていることを聞きだし、その人に合った医薬品を販売しなければなりません。老若男女どんな人でも会話できるとなお良いでしょう。