ホーム » 薬剤師転職お役立ち情報 » レアな転職先なので早い者勝ち?!卸の薬剤師の仕事内容

レアな転職先なので早い者勝ち?!卸の薬剤師の仕事内容

Pocket

卸

卸の薬剤師の求人状況

医薬品は製造されたメーカーから直接病院や調剤薬局といった医療機関へ販売されるわけではありません。製薬会社は卸へ医薬品を販売し、医療機関は卸から購入します。卸は製薬会社と医療機関をつなぐパイプ役としての働きをしています。

医薬品を扱う卸では、管理薬剤師が必要です。しかし、この職業につくのは至難の業と言えます。

インターネットの薬剤師向けの求人サイトには登録せずとも求人検索が出来るページがありますが、病院や調剤薬局といった項目はあっても卸という項目はありません。それくらいレアな求人先と言えるでしょう。

これには、卸の数は病院や調剤薬局と比べると圧倒的に少ないということと、一度勤務するとなかなか辞めないので求人する必要がないということが理由として考えられます。

ちなみに、レアな求人先である卸の管理薬剤師は、リクナビ薬剤師マイナビ薬剤師 といった転職サイトに登録し、コンサルタントに相談することで紹介してもらえることがあります。それでも、地域や給与といった条件をつけてしまうと、なかなか見つからないかもしれません。

卸の薬剤師の仕事内容

それでは、卸の薬剤師の仕事内容を見てみましょう。

1つめは在庫管理です。多くの製薬会社から仕入れ、医療機関へ販売することになるため、在庫管理は必要不可欠です。インフルエンザや花粉症の薬など、季節によって使用量が変わってくる医薬品もあります。

また、供給不足や需要過多などで、医薬品が足りなくなるというケースもあります。そのような場合には、どの医療機関にどれだけ振り分けるかという計算も必要です。

2つめは情報収集です。医師や薬剤師から、卸の管理薬剤師へ質問が来ることは多いです。企業のMRのように、1つの製品について深い知識を習得するとまではしなくてもよいですが、扱っている医薬品に関してのある程度の知識は必要です。

また、その知識は特定の企業に偏ったものではなく、どの製薬会社に関しても平等である必要があります。医薬品だけではなく、食品や医薬部外品といった取り扱っている商品全般に関しての知識も必要です。

3つめは社員への教育です。卸の薬剤師が医療現場に行って、医師や薬剤師に説明を行うということはほとんどありません。MS(マーケティング・スペシャリスト)と呼ばれる、卸の営業担当者が行います。

MSは企業のMR同様に薬剤師の資格を持っていない人も多いので、医薬品に関する教育を担当します。また、最新の医薬品情報を伝え、卸全体で共有していくことも大事な仕事です。

卸の求人を探すには?

レアな求人先である卸の求人を探すには、薬剤師転職求人サイトを活用するといいでしょう。転職サイトに登録しておけば、希望に合う卸の求人が出てきたとき、すぐに紹介してもらえますよ。

以下の薬剤師転職サイトなら、大手だけあって多くの求人を持っており、利用者の満足度も高いです。まだ登録していない方は、無料で利用できるので登録しておくといいでしょう。

なお、転職サイト毎に、扱っている求人が異なってきます。ひとつだけだと情報が偏ることもあるので、複数登録して、求人に出会えるチャンスを拡げておくことをおすすめします。

大手から地方の調剤薬局までカバー「薬キャリ」

エムスリーグループが運営している日本最大級の薬剤師専門転職サイトです。求人数は業界でもトップクラスの3万5千件以上。大手はもちろん、地方に根ざす調剤薬局もカバーしています。

登録すれば、早い場合には即日で、最大10件のも求人情報を紹介してくれます。また、好条件の求人情報「非公開求人」の紹介もありますよ。

>> 薬キャリ の詳細・登録はこちら

薬キャリ

求人数業界トップクラス「リクナビ薬剤師」

リクルートグループが運営している薬剤師専門の転職サイトです。求人件数は業界トップクラスの3万5千件、そのうち75%が非公開求人になっています。

登録すれば、専任のコンサルタントがあなたに希望に合った求人を紹介してくれます。

>> リクナビ薬剤師 の詳細・登録はこちら

リクナビ薬剤師

利用者満足度94%「マイナビ薬剤師」

マイナビが運営している薬剤師専門の転職サイトです。公開求人件数のみで3万件近くあり、それ以外にも非公開求人が多数用意されているので、自分に合った職場を探すことができます。

利用者満足度は94%と非常に高く、求人数の多さに加え、求人の質も大きな魅力です。親身に相談に乗ってくれるのも高評価。

>> マイナビ薬剤師 の詳細・登録はこちら

マイナビ薬剤師