ホーム » 薬剤師転職お役立ち情報 » 目指すは企業薬剤師!希望を叶える転職に必要な3箇条

目指すは企業薬剤師!希望を叶える転職に必要な3箇条

Pocket

目指す

目指すは企業勤務の薬剤師

企業薬剤師に転職したいという人に朗報です。
転職するにあたって、知っておいた方がよい情報やあらかじめ身に着けておいた方がよいスキルがあるのをご存知でしょうか。

これらの情報を知っておくだけで、転職時にスムーズに現場になじむことが出来ます。

企業薬剤師になるために必要な3つの事柄

まずは仕事内容を把握しておくということです。
企業薬剤師の仕事内容はDI・CRC・CRA・卸の管理薬剤師などが主になります。
これらの仕事内容をすべて行うのではなく、どれか1つを行います。
入社時にやりたい仕事を指定して入社する場合もありますし、企業から辞令がおりることもあります。

中でも、治験関連のCRC・CRAは仕事内容が異なりますので注意が必要です。
治験実施者側に立って医師や被験者、治験依頼者の間を取り持つのがCRC、治験依頼者側に立って治験が適正に行われるかを監視するのがCRAになります。

次にコミュニケーション能力を高めておくことです。
企業で働く時には、1人きりで働くことは出来ません。
上司や同僚、部下と情報を共有し、よりよい方法を模索する必要があります。
このためにコミュニケーション能力は必須です。

また、企業の人だけと関わるということはありません。
医師や看護師、メーカーや患者さんなど、関わる範囲は多岐に渡ります。
密な連携が必要になってくるので、コミュニケーションが欠かせません。

最後に英語力を磨いておくことです。
最新の情報を集める機会が多いのが企業薬剤師の特徴です。
例えばDI業務だと文献を読む機会が多くなりますが、日本語の文献だけとは限らず海外の文献を読む必要性も出てきます。

また、CRCやCRAといった治験関連では、海外のデータを集めて比較し検討する必要性が出てきます。そのような文献やデータを読んで情報をまとめるには、英語を日本語に翻訳する能力が不可欠です。なお、英語は日常会話だけではなく、医療や化学に関する専門用語も使いこなすことが出来るようになっているとなおよいでしょう。

なお、企業薬剤師への転職を考えている方は、薬剤師転職求人サイトで情報収集してみるといいでしょう。登録するとあなたに合った好条件の非公開求人も紹介してくれますよ。

 

おすすめの薬剤師転職サイト
下記の薬剤師転職サイトなら、大手だけあって多くの求人を持っており、利用者の満足度も高いです。まだ登録していない方は、無料で利用できるので登録しておくといいでしょう。

1. 大手から地方の調剤薬局までカバー「薬キャリ」

エムスリーグループが運営している日本最大級の薬剤師専門転職サイトです。求人数は業界でもトップクラスの3万5千件以上。大手はもちろん、地方に根ざす調剤薬局もカバーしています。
登録すれば、早い場合には即日で、最大10件のも求人情報を紹介してくれます。また、好条件の求人情報「非公開求人」の紹介もありますよ。

>> 薬キャリ の詳細・登録はこちら

薬キャリ

 
2. 求人数業界トップクラス「リクナビ薬剤師」

リクルートグループが運営している薬剤師専門の転職サイトです。求人件数は業界トップクラスの3万5千件、そのうち75%が好条件の非公開求人となっています。
登録すれば、専任のコンサルタントがあなたにあった非公開求人を紹介してくれますよ。

>> リクナビ薬剤師 の詳細・登録はこちら

リクナビ薬剤師

 
3. 利用者満足度94%「マイナビ薬剤師」

マイナビが運営している薬剤師専門の転職サイトです。公開求人件数のみで3万件近くあり、それ以外にも非公開求人が多数用意されているので、自分に合った職場を探すことができます。
利用者満足度は94%と非常に高く、求人数の多さに加え、求人の質や転職に役立つコンテンツも大きな魅力です。

>> マイナビ薬剤師 の詳細・登録はこちら

マイナビ薬剤師