ホーム » 薬剤師転職お役立ち情報 » 厳しい状況でも漢方薬剤師になりたい!という人におくる2箇条

厳しい状況でも漢方薬剤師になりたい!という人におくる2箇条

Pocket

漢方薬局

漢方薬剤師の現状と展望

薬剤師の中には、漢方を扱う薬剤師、すなわち漢方薬剤師がいます。患者さんの相談に乗り、患者さんの治療法を決定していくのが主な仕事です。

また、最近では漢方専門クリニックの門前薬局の薬剤師として、漢方の知識を活かす人もいます。

しかし、漢方薬剤師の需要は厳しいというのが大方の予想です。漢方薬局で調剤される漢方薬は高価なうえに保険がききません。それを長期間服用することになるために、金銭的な負担が大きいという問題点があります。

また、医師や薬剤師は学生時代に西洋医学を主に学ぶため、東洋医学や漢方薬を勉強する機会がほとんどありません。よって、それらを専門的に扱う人がどんどん減っていっているのです。

漢方薬剤師になるための2箇条

それでも漢方薬剤師になりたいという場合、狭いながらでも門戸は開いています。漢方薬剤師になるためには2つの事柄に注目しておくと良いでしょう。

まずは就職先探しに関することです。漢方薬剤師になるには、漢方薬局に就職するということが一般的です。とはいえ、漢方薬局は薬局の中でも数は多くない上に、求人が出ることはまれだと言えます。

薬剤師専門の求人サイトには募集があることもありますので、登録しておくと良いでしょう。他には、漢方専門クリニックの門前薬局に就職するという方法もあります。

この場合は、処方せんを受け付けるので保険調剤の知識が必要になってきます。自分で治療法を決定する必要がないという点で負担は少ないですが、やりがいと言う点では劣ってしまうかもしれません。

また、漢方薬・生薬認定薬剤師制度を利用することも必要といえるでしょう。これは日本生薬学会と日本薬剤師研修センターが合同で、専門的知識を習得し、能力・適性を備えた薬剤師であると認定するものです。

3年ごとの更新制になり、その度ごとに研修に参加する必要がありますので、長期にわたって高レベルの能力と適性を維持することが可能です。この資格を取得することによって患者や他の医療従事者へのアピールになると同時に、自信を持って漢方薬や生薬に関する情報提供が出来ます。

なお、漢方薬剤師の仕事に興味がある方は、薬剤師転職求人サイトで情報収集してみるといいでしょう。登録するとあなたに合った好条件の非公開求人も紹介してくれますよ。

 

おすすめの薬剤師転職サイト
下記の薬剤師転職サイトなら、大手だけあって多くの求人を持っており、利用者の満足度も高いです。まだ登録していない方は、無料で利用できるので登録しておくといいでしょう。

1. 大手から地方の調剤薬局までカバー「薬キャリ」

エムスリーグループが運営している日本最大級の薬剤師専門転職サイトです。求人数は業界でもトップクラスの3万5千件以上。大手はもちろん、地方に根ざす調剤薬局もカバーしています。
登録すれば、早い場合には即日で、最大10件のも求人情報を紹介してくれます。また、好条件の求人情報「非公開求人」の紹介もありますよ。

>> 薬キャリ の詳細・登録はこちら

薬キャリ

 
2. 求人数業界トップクラス「リクナビ薬剤師」

リクルートグループが運営している薬剤師専門の転職サイトです。求人件数は業界トップクラスの3万5千件、そのうち75%が好条件の非公開求人となっています。
登録すれば、専任のコンサルタントがあなたにあった非公開求人を紹介してくれますよ。

>> リクナビ薬剤師 の詳細・登録はこちら

リクナビ薬剤師

 
3. 利用者満足度94%「マイナビ薬剤師」

マイナビが運営している薬剤師専門の転職サイトです。公開求人件数のみで3万件近くあり、それ以外にも非公開求人が多数用意されているので、自分に合った職場を探すことができます。
利用者満足度は94%と非常に高く、求人数の多さに加え、求人の質や転職に役立つコンテンツも大きな魅力です。

>> マイナビ薬剤師 の詳細・登録はこちら

マイナビ薬剤師