ホーム » 薬剤師転職お役立ち情報 » 目指すはドラッグストア薬剤師!希望を叶える転職に必要な3箇条

目指すはドラッグストア薬剤師!希望を叶える転職に必要な3箇条

Pocket

ドラッグストア・マツモトキヨシ

目指すはドラッグストアの薬剤師

ドラッグストア薬剤師に転職したいという人に朗報です。
転職するにあたって、知っておいた方がよい情報やあらかじめ身に着けておいた方がよいスキルがあるのをご存知でしょうか。

これらの情報を知っておくだけで、転職時にスムーズに現場になじむことが出来ます。

ドラッグストア薬剤師になる為に必要な3つの事柄

まずは仕事内容を把握しておくということです。
ドラッグストアの薬剤師の仕事内容は接客・発注・従業員への指導などが主になります。
一般用医薬品に関する仕事が主になりますので、病院や調剤薬局から転職する薬剤師にとっては初見の薬ばかりになります。各メーカーから数多くの種類が販売されているので、効果や成分で分類しまとめておく必要があります。

また、時間があれば転職を考えているドラッグストアに行ってみると良いでしょう。
店頭の薬剤師を観察してみると、どんな仕事をしているかを把握することが可能です。

次に話術を磨いておくということです。
ドラッグストアでは一般用医薬品を販売するということで、小売業と同等となります。
お客さんが薬を買ってくれないと、会社の利益が上がりません。
よって、お客さんの要望を満たすような薬を上手に販売する必要があります。

初対面のお客さんでも話のコミュニケーションが取れ、お客さんの言いたいことを上手くくみ取れる薬剤師が重宝されます。そのような薬剤師はお客さんにあった薬をお勧めする方法も上手く、多くの薬を販売できるということになります。

最後に体力をつけておくということです。
ドラッグストアでは医薬品のみを販売しているわけではありません。
日用品や化粧品、食品を一緒に販売しているところが多いです。
店頭の従業員の手が足りない場合には、品出しをする場合もあります。
そのような時には重いものを持つ必要があります。

また、ドラッグストアはシフト制を汲んでいる場合が多く、出勤時間も早番遅番とバラバラになることが多いです。その結果、生活リズムも乱れがちになります。体力をつけておけば、品出しで疲れてしまうことも減りますし、生活リズムが乱れても体調を崩しにくくなります。

なお、ドラッグストアへの転職を考えている方は、薬剤師転職求人サイトで情報収集してみるといいでしょう。登録するとあなたに合った好条件の非公開求人も紹介してくれますよ。

 

おすすめの薬剤師転職サイト
下記の薬剤師転職サイトなら、大手だけあって多くの求人を持っており、利用者の満足度も高いです。まだ登録していない方は、無料で利用できるので登録しておくといいでしょう。

1. 大手から地方の調剤薬局までカバー「薬キャリ」

エムスリーグループが運営している日本最大級の薬剤師専門転職サイトです。求人数は業界でもトップクラスの3万5千件以上。大手はもちろん、地方に根ざす調剤薬局もカバーしています。
登録すれば、早い場合には即日で、最大10件のも求人情報を紹介してくれます。また、好条件の求人情報「非公開求人」の紹介もありますよ。

>> 薬キャリ の詳細・登録はこちら

薬キャリ

 
2. 求人数業界トップクラス「リクナビ薬剤師」

リクルートグループが運営している薬剤師専門の転職サイトです。求人件数は業界トップクラスの3万5千件、そのうち75%が好条件の非公開求人となっています。
登録すれば、専任のコンサルタントがあなたにあった非公開求人を紹介してくれますよ。

>> リクナビ薬剤師 の詳細・登録はこちら

リクナビ薬剤師

 
3. 利用者満足度94%「マイナビ薬剤師」

マイナビが運営している薬剤師専門の転職サイトです。公開求人件数のみで3万件近くあり、それ以外にも非公開求人が多数用意されているので、自分に合った職場を探すことができます。
利用者満足度は94%と非常に高く、求人数の多さに加え、求人の質や転職に役立つコンテンツも大きな魅力です。

>> マイナビ薬剤師 の詳細・登録はこちら

マイナビ薬剤師