ホーム » 薬剤師転職お役立ち情報 » 薬剤師転職の新たな選択肢!治験コーディネーター(CRC)

薬剤師転職の新たな選択肢!治験コーディネーター(CRC)

Pocket

薬剤師

治験コーディネーター(CRC)の仕事内容

治験コーディネーターに転職する薬剤師が増えています。
これは最近注目されている職業の1つです。

治験コーディネーターとは、新薬開発の最終段階である治験業務の支援を行います。インフォームドコンセントのサポートやスケジュール管理などで、患者と接する機会が多いので、コミュニケーション力が大切です。

また、治験を行う病院の医師や看護師、薬剤師などといった医療スタッフとの打ち合わせも必要になります。治験に必要な書類も数多く作成する必要があるので、その点でも現場の薬剤師と仕事内容が異なります。

治験コーディネーターになるには、治験施設支援機関(SMO)に就職することが近道です。治験施設支援機関で教育・研修を受けたり治験を行う医療機関へ派遣されたりします。

治験コーディネーター(CRC)が人気の理由

治験コーディネーターが薬剤師の転職先として人気がある理由は3つあります。

1つめは新薬開発につながるのでやりがいがあるということです。

薬学部を卒業したからには、新薬開発に携わりたいと考える人もいるでしょう。しかし、新卒でも就職が難しいと言われる新薬開発部門ですので、転職となるともっと難しいと考えられます。

治験にかかわる治験コーディネーターであれば、新薬開発に関わることが出来るうえに薬剤師から容易に転職することが可能です。

2つめは勤務時間が規則的であるということです。

企業勤務のように平日9時〜18時勤務のところが多く、土日祝日は原則として休みです。また、残業はないところが多いので就業後の予定を立てやすく、プライベートと両立できます。

3つめは薬剤師としての経験を活かして働けるということです。

治験コーディネーターは医療スタッフとの関わりあいも多いですが、一番多いのは患者への対応です。治験薬の説明は投薬に通じるものがありますし、患者の治験薬に対する不安や疑問点に平易な言葉で答えることは、投薬の経験がないと難しいものです。

なお、治験コーディネーターの仕事に興味のある方は、薬剤師転職求人サイトで情報収集してみるといいでしょう。登録するとあなたに合った好条件の非公開求人も紹介してくれますよ。

 

おすすめの薬剤師転職サイト
下記の薬剤師転職サイトなら、大手だけあって多くの求人を持っており、利用者の満足度も高いです。まだ登録していない方は、無料で利用できるので登録しておくといいでしょう。

1. 大手から地方の調剤薬局までカバー「薬キャリ」

エムスリーグループが運営している日本最大級の薬剤師専門転職サイトです。求人数は業界でもトップクラスの3万5千件以上。大手はもちろん、地方に根ざす調剤薬局もカバーしています。
登録すれば、早い場合には即日で、最大10件のも求人情報を紹介してくれます。また、好条件の求人情報「非公開求人」の紹介もありますよ。

>> 薬キャリ の詳細・登録はこちら

薬キャリ

 
2. 求人数業界トップクラス「リクナビ薬剤師」

リクルートグループが運営している薬剤師専門の転職サイトです。求人件数は業界トップクラスの3万5千件、そのうち75%が好条件の非公開求人となっています。
登録すれば、専任のコンサルタントがあなたにあった非公開求人を紹介してくれますよ。

>> リクナビ薬剤師 の詳細・登録はこちら

リクナビ薬剤師

 
3. 利用者満足度94%「マイナビ薬剤師」

マイナビが運営している薬剤師専門の転職サイトです。公開求人件数のみで3万件近くあり、それ以外にも非公開求人が多数用意されているので、自分に合った職場を探すことができます。
利用者満足度は94%と非常に高く、求人数の多さに加え、求人の質や転職に役立つコンテンツも大きな魅力です。

>> マイナビ薬剤師 の詳細・登録はこちら

マイナビ薬剤師