ホーム » 薬剤師転職お役立ち情報 » 目指すは調剤薬局薬剤師!希望を叶える転職に必要な3箇条

目指すは調剤薬局薬剤師!希望を叶える転職に必要な3箇条

Pocket

調剤薬局薬剤師

目指すは調剤薬局の薬剤師

調剤薬局薬剤師に転職したいという人に朗報です。
転職するにあたって、知っておいた方がよい情報やあらかじめ身に着けておいた方がよいスキルがあるのをご存知でしょうか。

これらの情報を知っておくだけで、転職時にスムーズに現場になじむことが出来ます。

調剤薬局薬剤師になる為に必要な3つの事柄

まずは仕事内容を把握しておくということです。
調剤薬局の仕事は調剤・監査・投薬・薬歴管理が主になります。
薬局内で仕事をすることがほとんどですが、在宅業務を行う場合には患者さんの自宅まで向かう必要があります。

また、一口に調剤薬局と言っても様々なタイプがあります。
1つの病院・診療所をメインに受け持つ門前薬局タイプや地域密着型の面分業タイプ、複数の診療所の処方箋を一手に引き受ける医療モールタイプなどが挙げられます。

メインの診療科によって忙しさや勤務時間なども変わってきます。
自分がどんな調剤薬局で働きたいかを明確にし、それに一番近い調剤薬局を選択することが大切です。

次にコミュニケーションスキルを身に着けておくということです。
調剤薬局薬剤師は患者さんと直接対話することで、薬の情報を伝え副作用などの情報を集めます。
安全に薬を服用してもらう最後の砦と言っても過言ではありません。
そのため、患者さんから話を引き出すコミュニケーションスキルが必要になってきます。

また、患者さんから薬の質問があった時には、分かりやすく答えなければなりません。分からない時には知ったふりをするのではなく、調べて後に連絡するといった正確さも求められます。

最後にパソコンを使えるようになっておくことです。電子化の波は調剤薬局にも押し寄せています。電子薬歴を導入するところも多く、調剤過誤防止のためピッキング時にハンディターミナルを使うところもあります。

また、自動分包機の指示を出すにはパソコン操作が必要です。ブラインドタッチが出来るくらいのスピードでキー操作が出来れば、仕事に支障はないと言えるでしょう。

なお、調剤薬局への転職を考えている方は、薬剤師転職求人サイトで情報収集してみるといいでしょう。登録するとあなたに合った好条件の非公開求人も紹介してくれますよ。

 

おすすめの薬剤師転職サイト
下記の薬剤師転職サイトなら、大手だけあって多くの求人を持っており、利用者の満足度も高いです。まだ登録していない方は、無料で利用できるので登録しておくといいでしょう。

1. 大手から地方の調剤薬局までカバー「薬キャリ」

エムスリーグループが運営している日本最大級の薬剤師専門転職サイトです。求人数は業界でもトップクラスの3万5千件以上。大手はもちろん、地方に根ざす調剤薬局もカバーしています。
登録すれば、早い場合には即日で、最大10件のも求人情報を紹介してくれます。また、好条件の求人情報「非公開求人」の紹介もありますよ。

>> 薬キャリ の詳細・登録はこちら

薬キャリ

 
2. 求人数業界トップクラス「リクナビ薬剤師」

リクルートグループが運営している薬剤師専門の転職サイトです。求人件数は業界トップクラスの3万5千件、そのうち75%が好条件の非公開求人となっています。
登録すれば、専任のコンサルタントがあなたにあった非公開求人を紹介してくれますよ。

>> リクナビ薬剤師 の詳細・登録はこちら

リクナビ薬剤師

 
3. 利用者満足度94%「マイナビ薬剤師」

マイナビが運営している薬剤師専門の転職サイトです。公開求人件数のみで3万件近くあり、それ以外にも非公開求人が多数用意されているので、自分に合った職場を探すことができます。
利用者満足度は94%と非常に高く、求人数の多さに加え、求人の質や転職に役立つコンテンツも大きな魅力です。

>> マイナビ薬剤師 の詳細・登録はこちら

マイナビ薬剤師