ホーム » 薬剤師転職お役立ち情報 » 調剤薬局薬剤師の転職成功への道。ドラッグストア編

調剤薬局薬剤師の転職成功への道。ドラッグストア編

Pocket

薬剤師

調剤薬局からの転職を考えるとき、目的は様々だと思います。収入アップ、スキルアップ、プライベートの充実など。

薬剤師免許を活かして今より収入アップを狙うなら、ドラッグストアが真っ先に思い浮かぶでしょう。ドラッグストアへの転職を目指す方は、以下の3つのことをあらかじめ覚悟し、身につけておくことをおすすめします。でないと、ギャップに苦しみ、数年後にはまた別の職を探す可能性が高くなります。

1. 雑用を率先してやる

調剤薬局併設型ドラッグストアでは、薬剤師はドラッグストア業務に関しては最低限しかやらないという会社もありますが、多くのドラッグストアでは、薬剤師も他の店員と同様にレジ打ち、品出し、清掃などの基本業務を行います。調剤薬局では事務さんがやってくれていたような雑務もこなさなければなりません。

雑用が嫌いで事務さん任せにしていたような人は、今のうちに調剤以外の細々したことも手が空いているときは積極的にやる癖をつけておきましょう。たかが雑用、事務仕事と侮ってはいけません。慣れないと手早く作業するのは意外に難しいものです。ドラッグストアでいきなりいろんな雑用を頼まれるようになったときに、もたもた作業をしていると、仕事が遅いとけむたがられる存在になってしまいます。

2. OTC独自の成分についての知識

調剤薬局でずっと最先端の薬に触れてきたのだから、OTCを売るのなんて楽勝、と思う方もいるかもしれません。しかし、OTCを甘く見てはいけません。スイッチOTCならば調剤薬局薬剤師になじみのある医薬品がほとんどでしょうが、それ以外のOTCの中には、保険薬には存在しない成分が含まれているものもあります。

名前から何となく薬効がわかるものもありますが、中にはまったく初耳の成分もあるでしょう。また、保険薬では合剤よりも単一成分の薬が多いですが、複数の成分が配合されたものがほとんどです。最低でもCMで宣伝されているようなメジャーなOTCについては、どの商品に何の成分が入っているか把握しておいたほうがいいでしょう。

3. 経営者的な思考

薬剤師が正社員で就職したら、将来店長・幹部候補になるものだという覚悟が必要です。薬剤師だらけの調剤薬局や病院では定年まで役職なしということも多々あります。しかしドラッグストアでは、登録販売者制度が導入されたことで、薬剤師でなければできない業務は大幅に減りました。

薬剤師はゼロ、もしくはパートを置いて、薬剤師のいる時間帯以外は第2類、第3類医薬品しか売らない店舗も多くあります。そんな中、敢えてドラッグストアに正社員の薬剤師を置くとなったら、役割は要指導医薬品、第1類医薬品の販売、説明を含めた業務全般と、店舗管理ということになります。売上やスタッフのシフト管理、販売戦略といったこと全般に目を配らなければなりません。

調剤薬局で日常業務に追われ、今まで経営のことまで考えが及んでいなかったという方は、薬局の1日の売上はどうだったのか、処方箋単価はいくらぐらいで、それは安いのか高いのか、などの数字にアンテナを張るようにしましょう。働く業界が変わっても、そういった思考力を持っているのと持っていないのとでは、のちの苦労が変わってきます。

同じ薬剤師でも、ほかの業界への転向というのは勇気が要るものです。前もって準備できることはなるべくやっておきましょう。薬剤師専門求人サイトでは、最近の業界事情を積極的に発信している会社が多いです。マイナビ薬剤師 のサイトでは、各業界についての特集記事もあります。このようなサイトで情報を収集して、業界や企業についてしっかり研究することが大事です。

 

おすすめの薬剤師転職サイト
下記の薬剤師転職サイトなら、大手だけあって多くの求人を持っており、利用者の満足度も高いです。まだ登録していない方は、無料で利用できるので登録しておくといいでしょう。

1. 大手から地方の調剤薬局までカバー「薬キャリ」

エムスリーグループが運営している日本最大級の薬剤師専門転職サイトです。求人数は業界でもトップクラスの3万5千件以上。大手はもちろん、地方に根ざす調剤薬局もカバーしています。
登録すれば、早い場合には即日で、最大10件のも求人情報を紹介してくれます。また、好条件の求人情報「非公開求人」の紹介もありますよ。

>> 薬キャリ の詳細はこちら

薬キャリ

 
2. 求人数業界トップクラス「リクナビ薬剤師」

リクルートグループが運営している薬剤師専門の転職サイトです。求人件数は業界トップクラスの3万5千件、そのうち75%が好条件の非公開求人となっています。
登録すれば、専任のコンサルタントがあなたにあった非公開求人を紹介してくれますよ。

>> リクナビ薬剤師 の詳細はこちら

リクナビ薬剤師

 
3. 利用者満足度94%「マイナビ薬剤師」

マイナビが運営している薬剤師専門の転職サイトです。公開求人件数のみで3万件近くあり、それ以外にも非公開求人が多数用意されているので、自分に合った職場を探すことができます。
利用者満足度は94%と非常に高く、求人数の多さに加え、求人の質や転職に役立つコンテンツも大きな魅力です。

>> マイナビ薬剤師 の詳細はこちら

マイナビ薬剤師