ホーム » 薬剤師転職お役立ち情報 » 現場?MR?薬剤師の職場は様々。調剤薬局のメリットは?

現場?MR?薬剤師の職場は様々。調剤薬局のメリットは?

Pocket

薬剤師

薬剤師が転職しようと考えたとき、多くは「病院か調剤薬局、それともドラッグストア?」という道を考えられるでしょう。しかし、ほかにも薬剤師が活躍している職場はあります。その選択肢の一部に、以下のような職があります。

・MR:医療機関に勤務されていた方なら話す機会も多くあったのではないでしょうか。病院や薬局へ営業に回り、自社の薬品について情報を提供したり、逆に薬を使用してみての現場での情報を持ち帰ったりすることで、自社薬品の適正使用を促すことが主な仕事です。

・医薬品卸の管理薬剤師:製薬会社でいうところの学術職に似ています。医師・薬剤師からの問い合わせに応じます。卸の場合、扱う医薬品が多岐にわたるので、それら全般について知識が必要です。また、麻薬・毒薬・覚せい剤原料などさまざまな医薬品を扱うということで、それらの扱いに関する法律にも精通していなければなりません。

>> 企業への転職。卸で働く薬剤師のメリット、デメリット

・治験コーディネーター:治験実施医療機関において、治験の内容を患者さんに説明したり、治験のスケジュール調整を行ったります。薬剤師だけの職ではありませんが、新薬の作用機序を理解するのに、薬剤師は適職と考えられます。

このように、薬剤師免許・知識を活かした転職先の選択の幅は意外と広いです。今回はその中で、あえて調剤薬局を選ぶメリットはどこにあるのかに焦点をあててみたいと思います。

1. 待遇がいい、交渉しやすい

薬学部が乱立し、これから薬剤師がどんどん誕生してくる、薬剤師は飽和状態になるだろう…いろんな悲観的な予測が飛び交っていますが、なんだかんだ言ってまだまだ薬剤師は売り手市場です。そんな中、一番薬剤師を必要としていながら足りていないのは調剤薬局です。

ドラッグストアは、登録販売者制度ができてから、薬剤師の需要は減ってきています。MR、治験コーディネーターなどは、必ずしも薬剤師である必要はありません。病院は、さまざまな医療専門職の人たちが集まる場所であり、薬剤師が特別優遇されることはありません。

しかし、調剤薬局は薬剤師がいないことには成り立ちません。薬剤師はどちらかというと、「会社を選べる」側です。年収や労働条件の交渉などが行いやすいと言えます。

2. 女性に優しい職場

調剤薬局は女性の多い業界です。結婚、出産…一般企業の女性であれば、これらのイベントが仕事を続けるうえでネックになることが多々あります。しかし、女性の多い調剤薬局ではそのようなことは当たり前に起こりうることです。産休・育休はもちろん堂々と取れますし、子供が熱を出したので休みたい、早退したいと申し出ても、嫌な顔をする同僚は滅多にいません。

小さい子供がいるとこのような急な休み・早退は頻繁にあるので、その度に冷たい反応を受けると、ストレス・後ろめたさが積み重なります。育児に理解のある職場にいることは、精神的な安定にもつながり、ひいては家族円満にまで影響をもたらすこともあるので、意外に重要です。
 

3. 労力の割には高収入

たとえば、MRやドラッグストアから調剤薬局へ転職されたならば、収入ダウンにがっくり肩を落とされるかもしれません。

しかし、MRのような営業職、ドラッグストアのような接客販売業の過酷さに比べれば、調剤薬局での業務は、楽とは言えませんが、営業時間外の労働が比較的少ないです。その割には収入がいいと言えます。今までよりプライベートを大事にしたいという人にとっては大きなメリットです。

4. 出戻りも大歓迎

一般企業ですと、自己都合で辞職した場合、なかなかもといた会社には戻りにくいものです。しかし、転職してみて、元いた会社の良さに初めて気づくこともあります。また、自分の状況が変わり、また転職しなければならないというケースもあります。何度も新しい職場に変わるというのは大変です。

そういう時、また戻ってきたい、と申し出て快く受け入れてくれることが多いのが調剤薬局です。逆に「戻って来ないか?」と声をかけられることもあります。

会社にとっても、自分の薬局のやり方を知っている人を雇うのと、まったく別会社の教育を受けてきた人を雇うのとでは、前者の方が即戦力になるので、ありがたいのです。

 
以上、調剤薬局の一般的なメリットを挙げてみました。しかし、何をメリット、デメリットと感じるかは、自身が何に重きを置くかによっても変わってきます。

転職は人生で大きな決断の1つです。自分がプライベートを充実させたいのか、とにかく収入アップしたいのか、それともスキルアップしたいのか…転職することで何を得たいのか、目的をよく考えて、情報収集し、慎重に次の人生を選びましょう。

 

転職を考えている方へ
転職を考えている方は、まずは転職サイトに登録しておき、いい求人が出てきたら紹介してもらうようにしておくといいでしょう。以下の大手転職サイトなら、非公開求人をはじめ、多くの求人を扱っているので、あなたに希望に合った求人をいろいろ紹介してくれますよ。

1. 大手から地方の調剤薬局までカバー「薬キャリ」

エムスリーグループが運営している日本最大級の薬剤師専門転職サイトです。求人数は業界でもトップクラスの3万5千件以上。大手はもちろん、地方に根ざす調剤薬局もカバーしています。
登録すれば、早い場合には即日で、最大10件のも求人情報を紹介してくれます。また、好条件の求人情報「非公開求人」の紹介もありますよ。

>> 薬キャリ の詳細はこちら

薬キャリ

 
2. 求人数業界トップクラス「リクナビ薬剤師」

リクルートグループが運営している薬剤師専門の転職サイトです。求人件数は業界トップクラスの3万5千件、そのうち75%が好条件の非公開求人となっています。
登録すれば、専任のコンサルタントがあなたにあった非公開求人を紹介してくれますよ。

>> リクナビ薬剤師 の詳細はこちら

リクナビ薬剤師

 
3. 利用者満足度94%「マイナビ薬剤師」

マイナビが運営している薬剤師専門の転職サイトです。公開求人件数のみで3万件近くあり、それ以外にも非公開求人が多数用意されているので、自分に合った職場を探すことができます。
利用者満足度は94%と非常に高く、求人数の多さに加え、求人の質や転職に役立つコンテンツも大きな魅力です。

>> マイナビ薬剤師 の詳細はこちら

マイナビ薬剤師