ホーム » 薬剤師転職お役立ち情報 » 調剤薬局も大手から中小まで…薬剤師の優良求人を探す秘訣

調剤薬局も大手から中小まで…薬剤師の優良求人を探す秘訣

Pocket

調剤薬局も大手から中小まで…薬剤師の優良求人を探す秘訣

調剤薬局へ転職したいとき、どうすれば有益な情報が得られるのか…。初めて転職される方は悩みどころなのではないでしょうか。主な求人検索方法として、ハローワーク、地元薬剤師会への登録、民間の求人サイトへの登録があります。それぞれの主な特徴を挙げます。

1. ハローワーク

最も正攻法といえるのではないでしょうか。大手から中小企業まで、多岐にわたる求人をまんべんなく探せる場所です。登録すれば誰もが同じ情報を見ることができ、あらゆる職業を検索することができます。公的機関を通じているという安心感はあるでしょう。

しかし、誰もが見ることができる情報にはそれほどいい条件の求人はないのが常です。また、ハローワークの開いている時間に紹介状をもらって面接のスケジュールを組んで…というのは、仕事をしながらではなかなか話が思うように進まないこともあります。

>> 転職活動・ハローワークを利用して薬剤師求人を探してみた

2. 薬剤師会

薬剤師会会員に対する就業斡旋を行っています。こちらはかなり地域差があります。あまり積極的でない地域もあれば、目立つサイトを作って頻繁に情報を発信している地域もあります。そのような性質上、大手よりは中小寄りの求人が見つけやすい印象です。

あまり知られていないサービスなので、薬剤師会の会員の方は、一度ご自身のお住いの地域の薬剤師会のサイトを見てみると、意外とお宝求人が眠っているかもしれません。しかしこちらも自分で交渉を行うことが前提となるので、厳しい転職活動になると考えられます。

3. 民間の求人サイト

薬剤師に特化した薬剤師専門求人サイトがあります。転職サイトを選ぶ一番のメリットは、面倒な交渉を転職エージェントが担ってくれることです。

面接スケジュールや、シフト・給与等の条件交渉など、自分からは言いにくい事を、うまく交渉してくれます。これにより、通常一度は地方勤務を経験することが義務づけられている会社に、都市部のみの勤務という条件で入社できたという例もあります。

薬剤師専門求人サイトも大きく2種類に分かれます。会社自体が医療系の会社であり、その方面に特化しているケースと、会社自体は就職斡旋全般を取り扱いながら、その中で薬剤師求人に特化したサイトを持っているケースです。前者には薬キャリ (m3) など、後者にはマイナビ薬剤師リクナビ薬剤師 などが挙げられます。

どちらもメリットとして、薬剤師に特化しているため、大手から中小まで様々な求人を網羅しています。また、未公開求人など、一般には公開されていない、条件の良い求人を持っていたり、こちらが出した条件や経験値を踏まえて、条件に沿う求人を教えてくれたりする確率が高いです。

これらのサイトのうち、薬剤師会のサイト以外は、登録せずに公開求人を検索することが可能です。まずはいろいろな求人サイトを見て、自分が働きたい地域の求人情報がどの程度あるのかを見てみたり、その求人サイト独自のサービス、お役立ちコラムなどを読んでみたりするのも、その転職会社の性質、強みを知るいい材料になります。

転職を考えるまでにはそれぞれ色々な事情があり、早く見つけなければと焦っている方もいらっしゃるだろうと思います。しかし、妥協で見つけた転職先は長続きせず、また転職先を探すことになりかねません。ここに紹介したようなサイトを活用して、ぜひ悔いのない転職を叶えてください。