ホーム » 薬剤師転職お役立ち情報 » 30代ならまだ間に合う!調剤未経験薬剤師の薬局への転職

30代ならまだ間に合う!調剤未経験薬剤師の薬局への転職

Pocket

薬剤師

30代で薬剤師として働く

今では6年制になり、「薬剤師になる」という目標を持って薬学部に入学する方がほとんどでしょうが、4年制薬学部卒業の薬剤師免許保持者の中には、免許は「保険」として取得した方もいらっしゃるでしょう。

特に女性の場合、卒業後は製薬会社に入社。結婚、出産などを経て、育児も落ち着いた頃にさあ今度は薬剤師として働いてみようかな、というケースが多く見られます。30代の方に多いパターンです。

通常は30代から未経験の仕事というのは困難ですが、薬剤師は免許を持っていればとりあえず仕事に就けるというのが従来の認識でした。

薬剤師が充足しつつある今はその常識が崩れつつありますが、現在の転職事情はどうでしょうか。

都市部では未経験者の採用は厳しくなっているというのが現実ですが、30代までなら、今後の成長が見込めるということもあり、可能性はあります。地方であれば、もっと採用率は高くなるでしょう。

未経験者に対し、会社が不安に思う点とは

未経験者に対し、会社が不安に思う点は主に2点です。

1. 調剤スキル不足

調剤は慣れが1番。どうしても経験に左右されがちな部分です。薬局はサービス業なので、間違えないことは当然で、その上にスピードが要求されるものです。粉・シロップの多い小児科などでは敬遠される可能性が高いです。

2. 薬の知識が古い

医療の世界は日進月歩、10年も経てば、聞いたこともない作用機序の新薬がどんどん発売されます。また、インターネットの普及により一般の方でも様々な情報が簡単に探せる時代です。

学生のころに得た、基本的な知識があればどうにかなるといった甘い考えでいると、患者さんの方が薬に詳しく、不信感を抱かれるという懸念があります。実際、最近の薬学書1冊も読まず、免許があれば何とかなるという軽い考えで面接に臨まれる方も多くいます。

未経験からの就職の場合は、自分が無知であるという意識を持っていること、基礎から勉強しなおすくらいの強い意思ややる気をアピールすることが重要です。

未経験の方は研修制度が充実しているところを選ぼう

これらの不安を解消するのは、個人ではなかなか難しいです。調剤に慣れたいと言っても器具を自分でそろえるわけにもいきませんし、薬の知識は独学で頑張っても、実際の処方例など見なければ、頭に入りにくいです。

そういう方は、研修制度が整っているところを選ぶようにしましょう。中規模〜大手の調剤薬局であれば、薬剤師向けに調剤関連の研修を実施しているところも結構あります。

研修制度が整っている求人を紹介してもらう

研修制度が整っているところといっても、自分でこれらの情報を調べるのは大変。そんな際は、薬剤師専門の転職サイトを活用するといいでしょう。以下の大手転職サイトなら、多くの求人を扱っており、研修制度が整っている求人も持っていますよ。

なお、転職サイト毎に、扱っている求人が異なってきます。なるべく多くの求人をチェックしたいという方は、複数登録しておき、求人を比較検討できるようにしておくといいでしょう。

大手から地方の調剤薬局までカバー「薬キャリ」

エムスリーグループが運営している日本最大級の薬剤師専門転職サイトです。求人数は業界でもトップクラスの3万5千件以上。大手はもちろん、地方に根ざす調剤薬局もカバーしています。

登録すれば、早い場合には即日で、最大10件のも求人情報を紹介してくれます。また、好条件の求人情報「非公開求人」の紹介もありますよ。

>> 薬キャリ の詳細・登録はこちら

薬キャリ

求人数業界トップクラス「リクナビ薬剤師」

リクルートグループが運営している薬剤師専門の転職サイトです。求人件数は業界トップクラスの3万5千件、そのうち75%が非公開求人になっています。

登録すれば、専任のコンサルタントがあなたに希望に合った求人を紹介してくれます。

>> リクナビ薬剤師 の詳細・登録はこちら

リクナビ薬剤師

利用者満足度94%「マイナビ薬剤師」

マイナビが運営している薬剤師専門の転職サイトです。公開求人件数のみで3万件近くあり、それ以外にも非公開求人が多数用意されているので、自分に合った職場を探すことができます。

利用者満足度は94%と非常に高く、求人数の多さに加え、求人の質も大きな魅力です。親身に相談に乗ってくれるのも高評価。

>> マイナビ薬剤師 の詳細・登録はこちら

マイナビ薬剤師