ホーム » 薬剤師転職お役立ち情報 » こんな自分になりたい!薬剤師のキャリアプランを考えてみました

こんな自分になりたい!薬剤師のキャリアプランを考えてみました

Pocket

薬剤師
 

なりたい薬剤師像を考えてみよう

薬剤師として働くにあたり、どんなキャリアが積めるのかといったキャリアプランを考えることは有効です。将来、自分がなりたい薬剤師像といったものが見えてきますし、そのためにどんな経験を積めばいいのか、どんな資格を取得すべきなのかといった道筋が分かるからです。

なりたい薬剤師像と現実の仕事内容があまりにもかけ離れている場合には、転職を選択肢に入れてみたほうが良いでしょう。例えば、臨床薬剤師として現場に立ちたいという夢があるのに、ドラッグストアで働き続けるのはナンセンスです。

一方、薬剤師の資格と経験を活かしながら、本社の管理職として後進の指導を行いたいといった夢がある場合には、個人経営の調剤薬局で働き続けながら夢を実現させることはほぼ不可能でしょう。

大まかなキャリアプランは3つ

大まかなキャリアプランは次の3つです。

はじめに長を目指すというプランです。病院なら薬剤部長、調剤薬局なら管理薬剤師といった立場になります。長を目指すには、ひたすら経験を積むより他はありません。毎日の業務を真摯にこなしていると、経営者から声がかかるようになるでしょう。また、自分のキャリアアップのために資格を取っておくのがオススメです。例えば、病院であれば認定薬剤師や専門薬剤師、調剤薬局であれば研修認定薬剤師や認定実務実習指導薬剤師といった資格があります。

次に本社の管理職になるプランです。薬剤師本来の仕事とは離れますが、後進の指導や売り上げの管理など、多くの仕事を任せられます。やりがいはある分、責任は重大です。これも長になるキャリアプラン同様、コツコツと実績を積む必要があります。

最後に独立して経営者になるプランです。開局することで、自分の思いがこもった調剤薬局を作れるといったメリットがあります。しかし、多額の借金といったリスクを抱えることを忘れてはいけません。調剤の経験はもちろん、経営者としての勉強もする必要があります。

キャリアプランは薬剤師の仕事内容で変わってきます。また、本人の夢や希望によっても異なってくるので、既定のものはありません。自分のキャリアプランを思い描くことこそ、仕事へのモチベーションを長期的に保つ原動力となるのです。

転職を考えている方はこちらもチェック