ホーム » 薬剤師転職お役立ち情報 » 目指すは病院薬剤師!希望を叶える転職に必要な3箇条

目指すは病院薬剤師!希望を叶える転職に必要な3箇条

Pocket

市民病院

目指すは病院の薬剤師

病院薬剤師に転職したいという人に朗報です。
転職するにあたって、知っておいた方がよい情報やあらかじめ身に着けておいた方がよいスキルがあるのをご存知でしょうか。

これらの情報を知っておくだけで、転職時にスムーズに現場になじむことが出来ます。

病院薬剤師になるために必要な3つの事柄

まずは仕事内容を把握しておくということです。病院薬剤師の仕事内容は多岐に渡り、調剤・製剤・治験業務・DI業務・薬物治療モニタリング・薬剤管理など様々です。

総合病院などの薬剤師が多く在籍しているような大きな病院はそれぞれに担当が割り振られていますが、個人病院では2〜3人ですべてをこなさなければならないということもあります。

調剤や製剤、治験業務などの詳しい手順は病院によって異なります。転職前にはそれぞれについての概要をまとめておくと、現場に入った時に今何をしているのかが分かります。

次にチーム医療について知っておくということです。チーム医療とは、医師や看護師、薬剤師などが連携をして治療にあたっていくということです。薬剤師は医薬品のプロという立場で、薬剤管理や薬学的な患者ケア、医師との協働による処方提案や処方設計支援などを行います。

チーム医療を行うことで、今まで医師へかかっていた過度の負担を取り除き、治療の質の向上や副作用軽減などの効果が期待されています。チーム医療はここ数年で取り入れる病院が急増し、薬剤師の仕事の1つとして大きな割合を占めるようになっています。このチーム医療を正しく理解することで、現場の仕事内容をより大きな目で見ることが出来るようになります。

最後に医薬品についてより多くの情報を知っておくということです。病院薬剤師は外来患者よりも症状の重い入院患者の調剤・投薬・服薬指導を担当します。また、注射薬や点滴といった、調剤薬局では扱うことのない薬剤も扱う必要があります。

病院で扱う薬品に関してはDI室にまとめられていることも多いですが、自分で勉強しておくことが欠かせません。DI室やメーカー、医療雑誌などで最新の情報を手に入れておきましょう。インターネットの情報は正誤がはっきりしないものもあるので、ソースが明らかな情報のみを取捨選択して利用するべきです。

なお、病院薬剤師への転職を考えている方は、薬剤師転職求人サイトで情報収集してみるといいでしょう。登録するとあなたに合った好条件の非公開求人も紹介してくれますよ。

 

おすすめの薬剤師転職サイト
下記の薬剤師転職サイトなら、大手だけあって多くの求人を持っており、利用者の満足度も高いです。まだ登録していない方は、無料で利用できるので登録しておくといいでしょう。

1. 大手から地方の調剤薬局までカバー「薬キャリ」

エムスリーグループが運営している日本最大級の薬剤師専門転職サイトです。求人数は業界でもトップクラスの3万5千件以上。大手はもちろん、地方に根ざす調剤薬局もカバーしています。
登録すれば、早い場合には即日で、最大10件のも求人情報を紹介してくれます。また、好条件の求人情報「非公開求人」の紹介もありますよ。

>> 薬キャリ の詳細・登録はこちら

薬キャリ

 
2. 求人数業界トップクラス「リクナビ薬剤師」

リクルートグループが運営している薬剤師専門の転職サイトです。求人件数は業界トップクラスの3万5千件、そのうち75%が好条件の非公開求人となっています。
登録すれば、専任のコンサルタントがあなたにあった非公開求人を紹介してくれますよ。

>> リクナビ薬剤師 の詳細・登録はこちら

リクナビ薬剤師

 
3. 利用者満足度94%「マイナビ薬剤師」

マイナビが運営している薬剤師専門の転職サイトです。公開求人件数のみで3万件近くあり、それ以外にも非公開求人が多数用意されているので、自分に合った職場を探すことができます。
利用者満足度は94%と非常に高く、求人数の多さに加え、求人の質や転職に役立つコンテンツも大きな魅力です。

>> マイナビ薬剤師 の詳細・登録はこちら

マイナビ薬剤師