ホーム » 薬剤師転職お役立ち情報 » 転職前にのぞいてみよう!病院薬剤師の1日の仕事内容

転職前にのぞいてみよう!病院薬剤師の1日の仕事内容

Pocket

薬剤師

病院で働くメリット

病院で働くメリットは、チーム医療に携わることが出来るということです。
院外処方を行う病院が増えたため、病院薬剤師は院内の患者に対して専門知識を活かすことが出来るようになりました。

医師や薬剤師、看護師や管理栄養士といった医療スタッフが集まり、自分の専門分野からみた効果的な治療法や方針を決定します。

処方提案や患者指導など、薬のスペシャリストとして薬剤師が出来る仕事は多いです。
他にも、最先端の医療現場で経験を積めるなど、キャリアを高めたい薬剤師に人気です。

病院薬剤師の仕事内容

それでは、病院の薬剤師は具体的にどのような仕事をしているのでしょうか。
仕事内容をのぞいてみましょう。

まずは調剤です。調剤薬局薬剤師同様、外来患者や入院患者に対して薬を準備し投薬します。
入院患者に対しては注射調剤をすることもあります。注射薬や同時に点滴する輸液を払い出すだけではなく、すぐに使えるように混合して払い出すこともあります。

がん化学療法に用いる注射剤の混合では薬剤師に触れないように防護服を着て安全キャビネットを用いて行います。また、高カロリー輸液の調剤の場合は、衛生的な環境で混合するためにクリーンベンチを使います。

次に製剤です。
市販の医薬品では対応できない場合に、個々の患者さんに合わせた薬を病院内で製造します。
注射薬や錠剤、軟膏や点眼薬など、剤形は多岐に渡り、また病院ごとに作っている製剤は異なります。品質の確保や安全性、有効性などを確認した上で製造されています。

その次に治験業務です。治験を行うには薬事法や治験に関する法規に基づく必要があります。
治験薬の管理や治験薬が適切に投与されているかの確認、また治験責任医師へのサポートなどといった業務をこなします。

最後に医薬品情報業務です。DI業務とも呼ばれ、医薬品に関する情報を取りまとめます。
まとめた情報は医師や看護師、薬剤師といった医療従事者や患者さんの求めに応じて提供されます。また、院内で起こった副作用情報をまとめ、厚生労働省へ提出するという仕事もあります。

大きな総合病院の場合は、これらの仕事をすべてこなすのではなく、分担制になっていることが多いです。他にも薬物治療モニタリングや薬剤管理など、様々な仕事があります。

病院薬剤師の仕事に興味のある方は、薬剤師転職求人サイトで情報収集してみるといいでしょう。登録するとあなたに合った好条件の非公開求人も紹介してくれますよ。

 

おすすめの薬剤師転職サイト
下記の薬剤師転職サイトなら、大手だけあって多くの求人を持っており、利用者の満足度も高いです。まだ登録していない方は、無料で利用できるので登録しておくといいでしょう。

1. 大手から地方の調剤薬局までカバー「薬キャリ」

エムスリーグループが運営している日本最大級の薬剤師専門転職サイトです。求人数は業界でもトップクラスの3万5千件以上。大手はもちろん、地方に根ざす調剤薬局もカバーしています。
登録すれば、早い場合には即日で、最大10件のも求人情報を紹介してくれます。また、好条件の求人情報「非公開求人」の紹介もありますよ。

>> 薬キャリ の詳細・登録はこちら

薬キャリ

 
2. 求人数業界トップクラス「リクナビ薬剤師」

リクルートグループが運営している薬剤師専門の転職サイトです。求人件数は業界トップクラスの3万5千件、そのうち75%が好条件の非公開求人となっています。
登録すれば、専任のコンサルタントがあなたにあった非公開求人を紹介してくれますよ。

>> リクナビ薬剤師 の詳細・登録はこちら

リクナビ薬剤師

 
3. 利用者満足度94%「マイナビ薬剤師」

マイナビが運営している薬剤師専門の転職サイトです。公開求人件数のみで3万件近くあり、それ以外にも非公開求人が多数用意されているので、自分に合った職場を探すことができます。
利用者満足度は94%と非常に高く、求人数の多さに加え、求人の質や転職に役立つコンテンツも大きな魅力です。

>> マイナビ薬剤師 の詳細・登録はこちら

マイナビ薬剤師