ホーム » 薬剤師転職お役立ち情報 » 50代の薬剤師必見!転職に失敗しないためのポイント2選

50代の薬剤師必見!転職に失敗しないためのポイント2選

Pocket

履歴書作成

50代は転職のラストチャンス

薬剤師業界における50代は、薬剤師人生の集大成といえるでしょう。ほとんどの人が責任ある立場にたっており、転職したいと考える人もいるかもしれませんが、50代となると転職先を探すこと自体が難しくなってきます。

転職先を見つけることが出来るとすれば、今までのコネクションや伝手が大きな手段になってくるでしょう。豊富な経験と資金、医師や製薬会社とつながりがあれば、自分で調剤薬局を開局することも夢ではなくなってきます。

また、企業では60歳で定年を迎えるので、それ以降も仕事が出来るようにと早めに調剤薬局やドラッグストアへ転職をする例も見られます。
パートや短時間勤務という形で、薬剤師の資格を活かして働くというものです。

とはいえ、50代での転職には困難がつきものです。すぐに条件に合う転職先が見つかるとは限りません。転職の準備をきちんと行ってから実行したほうが良いでしょう。

転職で失敗しないために

50代の転職で注意することは2つあります。

まずは転職活動は在職中に行うということです。

早期退職して退職金で優雅に過ごしながらたまにパートで稼ぐなどならともかく、生活するために仕事をしなければならない人の場合には無職の期間は作らないほうがよいです。

早まって再就職先が決まらないのに辞めてしまうと、無収入の期間が出来てしまうことになります。この年代は高額な子供の教育費や老後の資金を貯めるラストスパートの時期ですので、無収入の期間はなるべく作らないようにしましょう。

次に採用してくれた企業に感謝の気持ちを持つようにすることです。

採用された企業では、上司や同僚は年下の人たちということも多いでしょう。今までの経験やプライドから、年下の上司の下で働くのは大変と感じる人もいるかもしれません。

とはいえ、同じ場所で働く仲間なのですから、お互い気持ちよく働きたいものです。前職と比較したり自分が年上であるといった態度を出さず、こんな年齢にも関わらず採用してくれたと謙虚な気持ちを持つことが、人間関係でトラブルを起こさずに済むコツです。