ホーム » 薬剤師転職お役立ち情報 » 40代の薬剤師必見!転職に失敗しないためのポイント2選

40代の薬剤師必見!転職に失敗しないためのポイント2選

Pocket

40代の転職

40代は転職をじっくり考える年代

薬剤師業界における40代は、脂がのりきった世代です。管理薬剤師として責任ある仕事を任されている人も多く、仕事にやりがいを感じる人も多いでしょう。

しかし、転職市場において、40代は必ずしも最適な年代とは言えません。30代と比べると明らかな求人数の減少が見られます。

特に今までとは全く異なる仕事内容を伴う転職には、記憶力や柔軟性といった点で敬遠される傾向があります。例えば、企業で働いていた調剤未経験者が病院や調剤薬局で仕事を始めるなどというような転職です。

よって、転職する時には、今までのキャリアを活かせる就職先を探すのがオススメです。例えば、調剤薬局の管理薬剤師がより好待遇の調剤薬局へ転職するといったものだと、今までの経験やスキルを活かして働くことが出来るでしょう。

また、この年代の特徴として、育児のために数年ブランクをあけてしまった女性薬剤師が再就職をするということがあります。20代から30代にかけて薬剤師を退職して複数の子供を産み、手がかからなくなる小学生くらいに再就職をするというパターンです。

この場合には、ブランクを埋める研修をしっかり行ってくれたり、子供に関する急なお休みに対応できる就職先を探しましょう。

転職で失敗しないために

40代の転職で注意することは2つあります。

まずは転職の条件に妥協が必要ということです。薬剤師であっても、40代の転職はなかなか難しいです。給料・勤務内容・勤務条件など条件を出し過ぎては、すべてが揃った就職先を見つけることは出来ません。

いくつかある条件の中から、これだけは譲れないという条件を1つだけ出して探すと、短期間で見つけることが出来るでしょう。

次に自分のアピールポイントをまとめておくということです。今までの経験や仕事内容といったアピールポイントをまとめておきましょう。

あらかじめまとめておくことで面接でスムーズに伝えることが出来ますし、それに対する質問にもすぐ対応できます。転職先で活かせることをアピールできれば、採用確率も上がるのではないでしょうか。