ホーム » 薬剤師転職お役立ち情報 » 30代の薬剤師必見!転職に失敗しないためのポイント2選

30代の薬剤師必見!転職に失敗しないためのポイント2選

Pocket

薬剤師

30代は転職にピッタリの年代

薬剤師業界における30代は、転職にピッタリの年代です。今までのキャリアを伸ばす転職も出来ますし、新たな仕事の内容を求めて新天地で働くということも出来ます。

30代となれば、新卒で薬剤師として採用されて仕事を続けていれば、5年〜15年くらいのキャリアを積んでいることになります。

病院薬剤師であれば、調剤や病室での指導、DIなど色々な仕事内容を一通り経験した頃です。調剤薬局薬剤師であれば、管理薬剤師として働いている人も多いでしょう。ドラッグストア薬剤師であれば、複数の店舗で店長経験を積んでいる人もいるかもしれません。

これらのキャリアを活かした転職を心がければ、給料アップも夢ではありません。

また、定年まで残り20年ほどになりますので、今までの仕事内容が合わないと感じたり、新たな仕事をしてみたいと考える人にとっては最後のチャンスとも言えます。

女性薬剤師は、30代で転職・再就職を考える人も多いです。結婚・出産などでライフスタイルが変わり、引越しや育児などでキャリアが途切れてしまったり転職を余儀なくされてしまうことがあるからです。

転職で失敗しないために

30代の転職で注意することは2つあります。

1つめは転職の目的をはっきりしておくことです。

キャリアアップをしたいのか、未経験の業種を狙いたいのか、給与をどのくらい上げたいのか、個人個人で目的は変わります。

また、「転職をする」という目標だと、達成してしまったら目標を失ってしまうことになりかねません。将来的なキャリアプランを考えて転職活動を行うようにしましょう。

2つめは転職先のリサーチを怠らないということです。

30代薬剤師を中途採用したいという企業はたくさんあります。配属先や給与、仕事内容といった採用条件はそれぞれの企業で異なっています。中には、自宅からは通えない場所へ配属されたり、自分の希望とは合わない仕事内容ということがあるかもしれません。

その結果合わないからまた転職となると、自分の信用にも関わってしまいます。そのようなことがないように、転職先へのリサーチは怠らないようにしましょう。