ホーム » 薬剤師転職お役立ち情報 » 20代の薬剤師必見!転職に失敗しないためのポイント2選

20代の薬剤師必見!転職に失敗しないためのポイント2選

Pocket

薬剤師

20代は初めて転職を考え始める年代

薬剤師業界における20代は、初めて転職を考え始める年代です。新卒後の就職にもかかわらず2〜3年という短期間で転職を志望するという、第二新卒と言われる年代でもあります。

薬剤師業界は、就職氷河期と言われる状況であっても新卒者の採用率は高いです。そのため、初めての就職活動で即採用が決まり、会社のことを何も知らずに入社するという薬剤師が多いです。

そして、思っていた仕事内容と違うといったことや福利厚生が入社前の説明とは異なるといったことで、転職を考え始めるのです。その結果、第二新卒者が大量に生み出されるという状況になります。

一方、第二新卒である20代を積極的に採用している医療機関や企業が多いのも事実です。新卒と比べて社会人としての教育をする必要がないのでコストを削減でき、30代以降の中途採用者と比べると柔軟性があるのでなじみやすいというメリットがあるからです。

とはいえ、短期間で仕事を辞めたという目で見られがちで、採用の際には必ずと言っていいほど退職理由を聞かれるでしょう。誰もが納得できる理由をあらかじめ確認しておく必要があります。

転職で失敗しないために

20代の転職で注意することは2つあります。

1つめは社会人として必要なビジネスマナーを身に着けておくということです。

第二新卒を採用するメリットの1つとして、新卒のように1から教えなくても済むということがあります。ビジネスマナーを教えるのにも人手やコストがかかります。

業務内容は新卒と同様に教える必要がありますが、ビジネスマナーはあらかじめ身に着けているという前提があるからです。独りよがりなビジネスマナーになっていないか、常識とあっているかを改めて確認しておく必要があります。

2つめは転職先の情報をきちんと集めておくということです。

第二新卒者が転職を考える理由の1つとして、情報不足ということが挙げられます。同じ間違いを繰り返さないためにも、転職先の情報は細かいところまでチェックしておく必要があります。また、転職先の候補は複数挙げておき、それぞれの情報を比較しておくことも大切です。