ホーム » 薬剤師転職対策<面接編> » 転職希望者はチェック!薬剤師が面接で聞かれやすい3つのテーマ

転職希望者はチェック!薬剤師が面接で聞かれやすい3つのテーマ

Pocket

面接で聞かれやすいテーマ

面接で聞かれやすいテーマは決まっている

転職の面接で聞かれるテーマは大体決まっていると言っても過言ではありません。
それをあらかじめ知っておき、質問に対する答えを準備しておくことが肝心です。

あらかじめ提出してある履歴書と関連した答えを用意し、なおかつポジティブに伝えることが合格への必須事項になるでしょう。

以前解説した退職理由、入社理由、自己PRの他にも面接で聞かれるテーマはいくつかあります。
聞かれやすいテーマとそれに関する回答の方法を紹介します。

面接用に3つのテーマを準備しておく

まずは薬剤師を志した動機です。
どうして薬剤師になりたいと思ったのかということを思い返してみましょう。

調剤薬局の薬剤師に憧れがあった、入院中に薬剤師から薬の説明を受けて印象に残っているなど、何かしら理由があったはずです。自分の体験をもとに薬剤師を志した理由を述べられると、説得力が増します。

また、実際に薬剤師として経験を積んでみて、なりたい薬剤師像に近づけたのかといったことに触れられるとなおよいでしょう。

次に前職のエピソードです。
前職の仕事内容や印象的だった出来事などを尋ねられることが多いです。

病院であれば診療科や入院患者数、調剤薬局であれば診療科や処方枚数、ドラッグストアであれば1日の来客数や医薬品の取扱い数などが挙げられます。この質問では、前職でどのような立場にあったのかを確認するとともに履歴書や職務経歴書に反した内容はないかを確認しているのです。

また、薬剤師としてやりがいがあった仕事内容などは自己PRと重複する内容になりますが、いくつかのエピソードをあらかじめ準備しておくと良いでしょう。

最後に自由質問です。
面接の最後に「何か聞いておきたいことはありますか?」と聞かれるものです。

この質問に「特に何もありません。」と答えるのはNGです。
仕事に対する熱意に欠けているとみなされることもあります。
とはいえ、一番気になる給与や休日などといった待遇面は尋ねにくいのも事実です。

このような場合には、企業に関する質問をするのが良いでしょう。
仕事内容の詳細や研修の有無、入社までにしておいた方がよい事柄などです。

とはいえ、パンフレットやホームページに載っている情報を質問するのは逆効果です。
何も知らずに応募し面接を受けていると思われてしまいます。
企業研究をしたうえでなおかつ分からないことを質問するようにします。

非公開求人紹介、面接対策など無料転職サポートを受けたい方はこちらをチェック

リクナビ薬剤師
リクルートグループが運営している薬剤師専門の転職サイトです。求人件数は業界トップクラスの3万5千件、そのうち75%が好条件の非公開求人となっています。
登録すれば、専任のコンサルタントがあなたにあった非公開求人を紹介してくれますよ。
リクナビ薬剤師

 

マイナビ薬剤師
マイナビが運営している薬剤師専門の転職サイトです。公開求人件数のみで3万件近くあり、それ以外にも非公開求人が多数用意されているので、自分に合った職場を探すことができます。
利用者満足度は94%と非常に高く、求人数の多さに加え、求人の質や転職に役立つコンテンツも大きな魅力です。
マイナビ薬剤師