ホーム » 薬剤師転職対策<面接編> » 面接官におおっと思われる、転職したい薬剤師の自己PR方法

面接官におおっと思われる、転職したい薬剤師の自己PR方法

Pocket

自己PR方法

自己PRは面接で必ず聞かれる質問

自己PRは薬剤師の面接での大きなポイントです。
これは必ず聞かれる質問の1つです。
そのため、採用の合否を左右すると言っても過言ではありません。

自己PRは自分を売り込むことになるので、内向的と言われる日本人は不利な内容になります。
苦手意識を持つ人が多いのもうなずけます。だからといって、適当に考えていると面接で合格することは出来ません。何かしら対策を練っておく必要があるのです。

面接に受かる自己PRのコツ

面接官におおっと思われる自己PRは、具体的に伝えることです。
自分の経験を活かして企業ではこんなことに役立てるということを伝えるのです。
そうすると企業側に採用するメリットが具体的に示されるので、説得力は高くなります。

一方、「入社出来たら仕事を頑張ります」「何事も一生懸命こなします」という自己PRはNGです。言っていることが抽象的で分かりにくいからです。

困難に打ち勝ったというサクセスストーリーを話すと印象が良くなります。

「調剤薬局で患者さんへの服薬指導を頑張った」と話すよりも「薬嫌いの子供に対して様々な飲み方を提案し、その結果子供が嫌がらずに飲める方法を見つけることが出来た」と話す方がより具体的で分かりやすいです。

「その経験から子供だけでなく他の年代の患者のコンプライアンス不良を減らす服薬指導を目指したい」となると、転職の目的がよりはっきりします。

自分の自己PRが上手く出来ないという場合には、他人に評価してもらうのも一つの方法です。自分では分かりにくい自分の長所も、他人から見ると良く見えるということがあるからです。

この場合に評価をお願いするのは、薬剤師転職求人サイトの人材紹介コンサルタントが適任です。過去の経歴やこれからやりたいことといった内容を面接で聞きだしまとめることで、自己PRを一緒に考えてくれるからです。

コンサルタントは転職のプロなので、企業側が求める自己PRのパターンを知り尽くしているという点でも頼りになります。

非公開求人紹介、面接対策など無料転職サポートを受けたい方はこちらをチェック

リクナビ薬剤師
リクルートグループが運営している薬剤師専門の転職サイトです。求人件数は業界トップクラスの3万5千件、そのうち75%が好条件の非公開求人となっています。
登録すれば、専任のコンサルタントがあなたにあった非公開求人を紹介してくれますよ。
リクナビ薬剤師

 

マイナビ薬剤師
マイナビが運営している薬剤師専門の転職サイトです。公開求人件数のみで3万件近くあり、それ以外にも非公開求人が多数用意されているので、自分に合った職場を探すことができます。
利用者満足度は94%と非常に高く、求人数の多さに加え、求人の質や転職に役立つコンテンツも大きな魅力です。
マイナビ薬剤師