ホーム » 病院で働く薬剤師の仕事内容と求人情報 » 心臓外科で働く薬剤師の仕事内容と求人情報

心臓外科で働く薬剤師の仕事内容と求人情報

Pocket

薬剤師

心臓外科、というと薬剤師の仕事内容は、なかなか想像しづらいと思います。今回は、心臓外科での薬剤師の仕事内容についてご紹介します。

心臓外科での薬剤師の仕事内容

心臓外科とは、読んで字のごとく「心臓の手術を専門に行う科」です。

外科系の病棟では、術後は痛み止めなどの薬しか出ないことが多く、薬剤師は、あまり関与できない場合も多いです。しかし、心臓外科の場合は、少し異なります。

まず、術前から、抗血小板薬や抗凝固剤を服用している患者さんが大半です。もちろん手術ですので、それらの薬は事前に中止しておくことが、必要ですが、術式や、手術前に中止する方がリスクが高い場合、服用を続けたままで、手術に望むこともあります。

これは、もちろん主治医の判断によりますが、心臓外科で働く薬剤師にとっては、最も注意しておかなければいけない点です。さらに、術後も、抗血小板剤・抗凝固薬の服用は続きます。中止していた場合は、いつから再開されるのか、主治医としっかり連携を取っておく必要があります。

術後は、他の外科と同じく、痛み止め、便秘薬などの薬も、患者さんの訴えに合わせて、処方されます。特に、便秘でいきんでしまうことによる
血圧の上昇を防ぐため、お通じは、非常に大事になってきます。腸の動きを良くする漢方薬と便秘薬が同時に処方されることも多いです。

自分は、便秘がちじゃないから飲まなくてもいいんだけど?という患者さんも意外と多いのですが、治療につなげて、服薬の必要性をしっかり説明することが大事になってきます。

術後の患者さんは、体は元気でも痛みのせいで、やる気を失ってしまうことも。医師や看護師の前では、我慢しがちな患者さんも、薬剤師になら、話してくれることもあります。そんな患者さんの本音を聞き出すのも、重要な役割のひとつです。

心臓外科の薬剤師求人はどうやって探すの?

心臓外科で、働きたいけど、そんな薬剤師の求人をどうやって探したらいいのか。

特に、心臓外科は、大きな病院でも必ずある科ではありません。自分ですべての情報を集めるのは難しいですよね。

そんな時は、転職サイトを利用してみるといいでしょう。登録すると、キャリコンサルタントがあなたの転職をサポートしてくれます。病院希望、どんな仕事がしたい、など、自分の希望を担当のコンサルタントに伝えると、それにマッチした転職先を紹介してもらえます。

また、求人の紹介だけでなく、履歴書の添削や面接対策など、いろいろと相談に乗ってもらえますよ。

 

おすすめの薬剤師転職求人サイト
薬剤師の転職サイトはいくつかありますが、その中でも満足度が高い、求人数が多い、おすすめの転職サイトを厳選してピックアップしました。登録するとあなたにあった好条件の非公開求人も紹介してくれますよ。

1. 大手から地方の調剤薬局までカバー「薬キャリ」

エムスリーグループが運営している日本最大級の薬剤師専門転職サイトです。求人数は業界でもトップクラスの3万5千件以上。大手はもちろん、地方に根ざす調剤薬局もカバーしています。
登録すれば、早い場合には即日で、最大10件のも求人情報を紹介してくれます。また、好条件の求人情報「非公開求人」の紹介もありますよ。

>> 薬キャリ の詳細はこちら

薬キャリ

 
2. 求人数業界トップクラス「リクナビ薬剤師」

リクルートグループが運営している薬剤師専門の転職サイトです。求人件数は業界トップクラスの3万5千件、そのうち75%が好条件の非公開求人となっています。
登録すれば、専任のコンサルタントがあなたにあった非公開求人を紹介してくれますよ。

>> リクナビ薬剤師 の公式サイトはこちら

リクナビ薬剤師

 
3. 利用者満足度94%「マイナビ薬剤師」

マイナビが運営している薬剤師専門の転職サイトです。公開求人件数のみで3万件近くあり、それ以外にも非公開求人が多数用意されているので、自分に合った職場を探すことができます。
利用者満足度は94%と非常に高く、求人数の多さに加え、求人の質や転職に役立つコンテンツも大きな魅力です。

>> マイナビ薬剤師 の公式サイトはこちら

マイナビ薬剤師