ホーム » 病院で働く薬剤師の仕事内容と求人情報 » 眼科で働く薬剤師の仕事内容と求人情報

眼科で働く薬剤師の仕事内容と求人情報

Pocket

眼科

眼科での薬剤師の仕事と言えば、どんな想像をされるでしょうか?処方される薬は、目薬のみ。薬剤師の活躍の場はないのでは?そんなことはありませんよ。今回は、眼科で働く薬剤師の仕事内容についてご紹介します。

眼科で働く薬剤師の仕事内容

眼科での薬剤師の主な仕事は、「点眼方法の指導」です。誰でも出来るし、今更説明なんて必要ないと思われるかもしれませんが、意外と、正しく点眼できていない方が多いのです。

特に、眼科に入院される患者さんは、白内障等の手術目的の方が大半です。正しく点眼が行えないと、術後に感染を起こして回復が遅れる場合もあります。それを避けるためにも、正しい点眼方法を改めて指導します。

眼科の手術目的の患者さんは、80~90歳代と、高齢の方も多く、手が震えたり、片手しか使えないなど、点眼が難しい患者さんもおられます。そのような場合には、患者さんに合った方法を、お伝えできるよう様々な状況を想定し、点眼方法を勉強しておく必要があります。

その他にも、点眼薬の保存方法、外出時の携帯方法など、点眼をきちんと行ってもらえるようサポートを行います。

前にも書いたように、高齢の患者さんが多いということは、常用薬も多いということ。入院を機に、普段飲んでいる薬についても相談に乗ったり、希望があれば整理したりすることもあります。

また、眼とはいえ手術ですので、手術前や術後に中止すべき薬がないかどうか、医師と連絡を取り合うことも重要です。

目の見えにくい患者さん、耳の遠い患者さん、他の科と違い、高齢の方が多いと、指導時の話し方にも工夫が必要となってきます。

眼科の薬剤師求人はどうやって探すの?

眼科で働いてみたいけど、求人情報はどうやって見つけたらいいのかわからない。特に薬剤師は、看護師と異なり科別で募集されることは、ないですよね。働きたい科で求人を探すのは、難しいです。

そんなときは、転職サイトを利用するといいでしょう。登録するとキャリアコンサルタントがあなたの転職をサポート。あなたに条件に合った職場を紹介してくれます。また、コンサルタントは、職場の内情にも精通しているので、いろいろ相談してみるのいいでしょう。

コンサルタントがあなたとあなたを求めている職場とをマッチングして紹介してくれます。

 

おすすめの薬剤師転職求人サイト
薬剤師の転職サイトはいくつかありますが、その中でも満足度が高い、求人数が多い、おすすめの転職サイトを厳選してピックアップしました。登録するとあなたにあった好条件の非公開求人も紹介してくれますよ。

1. 大手から地方の調剤薬局までカバー「薬キャリ」

エムスリーグループが運営している日本最大級の薬剤師専門転職サイトです。求人数は業界でもトップクラスの3万5千件以上。大手はもちろん、地方に根ざす調剤薬局もカバーしています。
登録すれば、早い場合には即日で、最大10件のも求人情報を紹介してくれます。また、好条件の求人情報「非公開求人」の紹介もありますよ。

>> 薬キャリ の詳細はこちら

薬キャリ

 
2. 求人数業界トップクラス「リクナビ薬剤師」

リクルートグループが運営している薬剤師専門の転職サイトです。求人件数は業界トップクラスの3万5千件、そのうち75%が好条件の非公開求人となっています。
登録すれば、専任のコンサルタントがあなたにあった非公開求人を紹介してくれますよ。

>> リクナビ薬剤師 の公式サイトはこちら

リクナビ薬剤師

 
3. 利用者満足度94%「マイナビ薬剤師」

マイナビが運営している薬剤師専門の転職サイトです。公開求人件数のみで3万件近くあり、それ以外にも非公開求人が多数用意されているので、自分に合った職場を探すことができます。
利用者満足度は94%と非常に高く、求人数の多さに加え、求人の質や転職に役立つコンテンツも大きな魅力です。

>> マイナビ薬剤師 の公式サイトはこちら

マイナビ薬剤師