ホーム » 病院で働く薬剤師の仕事内容と求人情報 » 病棟で働く薬剤師の業務内容とその役割とは?

病棟で働く薬剤師の業務内容とその役割とは?

Pocket

病院

病棟薬剤師と聞くと、どんなイメージをするでしょうか?ここ数年で、病棟薬剤師の活躍の場は、大きく広がっています。今回は、病棟薬剤師の実態についてご紹介します。

病棟薬剤師の業務とは

病棟業務での主な業務は、

  • 入院患者さんの持参薬確認
  • ベッドサイドでの服薬説明
  • 病棟内の薬品管理

です。最近は、どこの病院でも現在飲んでいる薬を、自宅から持参していただきます。

持参薬の内容を、医師が確認し、大きな変更がない限り、入院中は、まず、そこから服用します。ですので、持参薬の確認は、重要な業務です。何日分薬を持参しているのか、服用方法などを患者さんと確認し、医師・看護師に伝えます。

その際には、その患者さんが自分で薬の管理が可能であるかどうかや、また、持参された薬で、同じ物が院内にない場合は代替薬の提案も行います。

服薬説明では、主に入院中に新たに処方される薬について、説明をします。その際には、今まで薬を服用し、副作用の経験はないか、現在副作用の症状が出ていないかも確認を行います。

全く初めて飲む薬、注射する薬であれば、分かりやすい代表的な、副作用の症状を伝え、患者さん自身でも、変化に気づいてもらえるよう注意を促します。

他にも、患者さん自身が薬について持っている疑問、不安を解消し、治療を安心して受けて頂けるよう、手助けをするのも大事な仕事です。必要に応じて、退院時にも説明を行います。

病棟内の薬品管理では、詰所にストックしてある薬品の期限、保存状態、保管方法などを定期的に点検します。

緊急時や夜間には、薬剤部に連絡するより先に病棟で、医師の口頭指示において、早急に対応が出来るよう、ある程度薬品がストックしてあります。

処方箋によって、薬剤部から払い出しを行うのが基本ですので、ストック薬は、長期間保管されたまま、という場合も多いです。期限切れ薬品が出ないように、チェックを行います。

病棟薬剤師の役割とは?

病棟薬剤師の役割は、ここ数年で重要度を増しています。

20年ほど前までは、あくまで「医師・看護師の補助役」としての位置づけでしたが、現在は、医師や看護師と一緒に、治療に参加しています。

「薬のことは、薬剤師に任せる」という考え方になりつつあり、薬剤師としては、活躍の場が広がり非常に嬉しいことです。ですが、同時に、責任も増します。薬の知識はもちろんですが、病棟薬剤師は、病気や治療についてもさらに、深い知識が必要になってきます。

薬剤師は、薬単品で考えることが多く、なかなか「病気」と「薬」をつなぎ合わせて考えることができません。これは、現場で実際に体験し、患者さんを見て勉強しなければ、得られない知識です。

最後に

病棟薬剤師の活躍の場は、確実に広がってきています。それに伴い、求められるレベルも高くなっています。

医療の世界は、日進月歩。病棟薬剤師も、日々進化していきましょう!