ホーム » 薬剤師転職対策<履歴書編> » 転職希望の薬剤師が陥りやすい、NGな志望動機のワナ4つ

転職希望の薬剤師が陥りやすい、NGな志望動機のワナ4つ

Pocket

NG

履歴書に書いてはいけない志望動機4選

履歴書で力を入れてアピールするポイントの1つに志望動機があります。
どうしてこの会社で働きたいのか、また、自分がこの会社にどのように貢献できるのかといったことを書き記します。しかし、中には一読しただけでそっぽを向かれてしまう志望動機があるのも事実です。このようなNG例の志望動機を紹介します。

1つめは抽象的な志望動機を提示することです。
「御社の企業理念に賛同しました」「やりがいを感じられる仕事だと思いました」という例です。
理由が漠然としていますし、どうしてもこの会社でないといけないという理由が感じられません。

2つめは学ぶ姿勢をアピールしすぎることです。
「仕事を通して学習していきたいです」「スキルアップに最適の職場だと思いました」という例です。職場は学ぶ場所ではなく働く場所ですので、働く意欲をアピールする姿勢のほうが重要です。

3つめは仕事内容以外のことをメインにすることです。
「御社は給料が他と比べて高額でした」「自宅に近いので選びました」という例です。
給与や休日などをメインに据えてしまうと働く意欲がないように感じられます。
また、地理的なアピールは、その土地の企業であればどこでも良いと言っているのと同等になるのでマイナスの印象を与えてしまいます。

4つめは前職を否定することです。
「前職は自分に向いていませんでしたが御社は私の希望にピッタリでした」「前職では人間関係のトラブルがあり新たな職場を探しています」という例です。再び同じ状況になった時に、退職の道を選ぶ人だと思われてしまいます。

転職に成功する志望動機はどのように書く?

それでは、転職に成功する志望動機とはどのようなものなのでしょうか。自分が転職したいと思った理由を具体的に書き、前向きさをアピールすることが、良い志望動機です。

薬剤師としての経歴や頑張ったこと、前職ではどうしても出来ないことが御社では可能なこと、前職での具体的な経験を活かして御社で貢献できることなどを書いていきます。仕事内容や前向きな転職理由を挙げていくのが良いでしょう。

履歴書や応募書類の作成で困った時は?

履歴書や応募書類の作成で困った時、頼りになるのが薬剤師転職サイトのコンサルタントです。登録するとキャリアキャリアキャリアコンサルタントがあなたの転職をサポートしてくれます。コンサルタントに履歴書の書き方や職務経歴書の書き方など、いろいろ相談してみるといいでしょう。また、あなたに合った求人も紹介してもらえますよ。薬剤師転職サイトを上手く活用して効率的に転職活動を進めていきましょう。

リクナビ薬剤師
リクルートグループが運営している薬剤師専門の転職サイトです。求人件数は業界トップクラスの3万5千件、そのうち75%が好条件の非公開求人となっています。
登録すれば、専任のコンサルタントがあなたにあった非公開求人を紹介してくれますよ。
リクナビ薬剤師

 

マイナビ薬剤師
マイナビが運営している薬剤師専門の転職サイトです。公開求人件数のみで3万件近くあり、それ以外にも非公開求人が多数用意されているので、自分に合った職場を探すことができます。
利用者満足度は94%と非常に高く、求人数の多さに加え、求人の質や転職に役立つコンテンツも大きな魅力です。
マイナビ薬剤師