ホーム » 薬剤師転職対策<履歴書編> » 基本を押さえた履歴書で他の薬剤師より一歩リードしよう

基本を押さえた履歴書で他の薬剤師より一歩リードしよう

Pocket

履歴書作成

きちんと書いた履歴書で仕事が出来ることをアピール

転職活動で必ず必要な履歴書ですが、書き方の基本が出来ていない人がいるようです。
きちんと書いた履歴書を持参した薬剤師はきちんと仕事が出来ると評価され、それだけで好感度がアップします。

就職活動以来、久しぶりに履歴書を購入したという人も多いでしょう。
ここでは、基本をきちんと押さえた履歴書の書き方を紹介します。

押さえておきたい3つのポイント

まずは自筆で丁寧な文字で書くことです。
最近ではパソコン入力の履歴書も見られますが、やはり自筆の履歴書は心がこもった印象を与えます。字が汚いから自筆は嫌だという人もいますが、ササッと流れた文字を書くのではなく1文字1文字丁寧な文字を書くとだいぶ違います。

また、丁寧な文字というものに間違った文字は含みません。すなわち、履歴書に間違った文字を書いてはいけないのです。万が一間違ってしまった場合には、もう一度書き直しをします。二重線で消したり修正テープを使ったりという行為は、相手に失礼になります。

次に履歴書の写真は専用のものを用意することです。
写真は履歴書の中で唯一の画像になるので、印象に残りやすいです。
写真を撮る場所は写真館でプロにお願いをします。

スナップ写真の切り抜きや自分撮りは問題外ですし、スピード写真もなるべく避けたほうが良いでしょう。スーツやジャケットを着用し、薬剤師らしく清潔感あふれる髪型をして写真撮影に臨みます。

写真の撮り直しが出来る場合には、自分が満足いくまで何度でも撮り直してもらいます。写真の裏には万が一剥がれてしまった場合のことも考慮し、指名を書くのを忘れないようにしましょう。

最後に省略した記載をしないということです。○○高校・(株)△△など、普段省略して使う単語は多いです。しかし、履歴書では○○県立○○高等学校・株式会社△△など、正式な名称を使います。履歴書で略称を使うという人は、企業側から業務でも勝手に省略をしたりするのではないかと思われてしまう可能性があるからです。

履歴書や応募書類の作成で困った時は?

履歴書や応募書類の作成で困った時、頼りになるのが薬剤師転職サイトのコンサルタントです。登録するとキャリアキャリアキャリアコンサルタントがあなたの転職をサポートしてくれます。コンサルタントに履歴書の書き方や職務経歴書の書き方など、いろいろ相談してみるといいでしょう。また、あなたに合った求人も紹介してもらえますよ。薬剤師転職サイトを上手く活用して効率的に転職活動を進めていきましょう。

リクナビ薬剤師
リクルートグループが運営している薬剤師専門の転職サイトです。求人件数は業界トップクラスの3万5千件、そのうち75%が好条件の非公開求人となっています。
登録すれば、専任のコンサルタントがあなたにあった非公開求人を紹介してくれますよ。
リクナビ薬剤師

 

マイナビ薬剤師
マイナビが運営している薬剤師専門の転職サイトです。公開求人件数のみで3万件近くあり、それ以外にも非公開求人が多数用意されているので、自分に合った職場を探すことができます。
利用者満足度は94%と非常に高く、求人数の多さに加え、求人の質や転職に役立つコンテンツも大きな魅力です。
マイナビ薬剤師