ホーム » 薬剤師ブランク・再就職 » ブランクを感じさせない薬剤師になるための勉強方法教えます

ブランクを感じさせない薬剤師になるための勉強方法教えます

Pocket

日経ドラッグインフォメーション

ブランクがある薬剤師はどうしたらよい?

薬剤師は女性が多い職業です。結婚や出産、育児や介護などといった理由で働けないブランクがある期間が出来てしまう人も少なくありません。短い人で1年ほどですが、長い人だと10年以上という場合もあります。

ブランクがあると、復職しようと考えた時にも気合が必要です。「今更薬剤師として働けない」としり込みしてしまうのです。せっかく資格があるのに、働かないなんてもったいありません。ブランクがあっても自信を持って復職するために、どんなことが必要かを考えてみましょう。

仕事をしていない期間、薬剤師として必要なことはずばり勉強です。勤務していた時の最新情報は過去のものになってしまっていますし、新薬や診療報酬の情報は何一つ知らないことになります。

また、仕事をしていた時の記憶はどんどん忘れてしまいます。そのため、ブランク期間の勉強法が、復帰後の薬剤師力を左右することになるのです。

ブランク別におすすめの勉強法

短いブランクを抱える人におすすめなのが、薬剤師向けの情報誌を利用することです。短期の現場離脱であれば、調剤の基本はそのまま使えるので、新しい情報を仕入れることに主眼を置くことになります。

ファーマトリビューンや日経ドラッグインフォメーションといった月刊誌は、1回に読む情報量は多すぎず、また新しい情報も豊富です。なかなか本屋へ行けないという人には雑誌の定期購読や電子版の有料会員登録といったものもあります。

長いブランクを抱える人におすすめなのが、資格を取得することです。基礎から勉強しなおして知識の再定着を図るとともに、新しい情報も仕入れることが出来ます。

日本薬剤師研修センターが認定している研修認定薬剤師制度を利用する人が多いです。この資格を取得することで、他の医療従事者からの信頼を高め、時代に即した薬学的ケアを行える薬剤師であるとアピールすることが出来ます。集合研修やグループ研修、自己研鑚研修などで一定量の受講シールを集めることで申請できます。その結果、3年更新の研修認定薬剤師に認定されます。

ブランク薬剤師からの復帰を考えているあなたへ

ブランクから復帰するための勉強とともに、再就職に向けて情報収集をはじめていく必要がありますね。そんな際は、薬剤師転職サイトを活用するといいでしょう。登録するとキャリアコンサルタントがあなたの薬剤師復帰を全面的にバックアップしてくれますよ。

以下の大手転職サイトなら、研修制度やサポート体制を整えて、薬剤師の復職支援に力を入れている求人もあるので、紹介してもらうといいでしょう。

大手から地方の調剤薬局までカバー「薬キャリ」

エムスリーグループが運営している日本最大級の薬剤師専門転職サイトです。求人数は業界でもトップクラスの3万5千件以上。大手はもちろん、地方に根ざす調剤薬局もカバーしています。

登録すれば、早い場合には即日で、最大10件のも求人情報を紹介してくれます。また、好条件の求人情報「非公開求人」の紹介もありますよ。

>> 薬キャリ の詳細・登録はこちら

薬キャリ

求人数業界トップクラス「リクナビ薬剤師」

リクルートグループが運営している薬剤師専門の転職サイトです。求人件数は業界トップクラスの3万5千件、そのうち75%が非公開求人になっています。

登録すれば、専任のコンサルタントがあなたに希望に合った求人を紹介してくれます。

>> リクナビ薬剤師 の詳細・登録はこちら

リクナビ薬剤師

利用者満足度94%「マイナビ薬剤師」

マイナビが運営している薬剤師専門の転職サイトです。公開求人件数のみで3万件近くあり、それ以外にも非公開求人が多数用意されているので、自分に合った職場を探すことができます。

利用者満足度は94%と非常に高く、求人数の多さに加え、求人の質も大きな魅力です。親身に相談に乗ってくれるのも高評価。

>> マイナビ薬剤師 の詳細・登録はこちら

マイナビ薬剤師